涼宮ハルヒの退屈
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

涼宮ハルヒの退屈

No1ヒット爆進中! 「涼宮ハルヒ」シリーズ、第3弾登場!!
著者: 谷川流
シリーズ:「涼宮ハルヒ」シリーズ

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

涼宮ハルヒの「退屈」の一言で、野球チームを結成し、七夕祭りに盛り上がり、行方不明者捜索に駆り出され……ついに殺人事件に巻き込まれた俺には、退屈なんて言い出すヒマも無いさ――。大人気シリーズ第3弾登場!

関連情報

涼宮ハルヒの直観

みんなからのレビュー

  • absinthe

    面白い。『…憂鬱』と『…溜息』の間をつなぐ短編集。野球の試合となる表題作の話、チーム涼宮?超能力に翻弄される対戦相手のリアクションが爆笑。タイムパラドクスギャグの『笹の葉ラプソディ』、ラヴクラフト的怪異と対峙する『ミステリックサイン』、真相は予想の通りだが、クローズドサークルミステリ『孤島症候群』も楽しい。こういう振りにはこういう落ちだろうなと思わせて、ほらやっぱり!と笑わせて期待を裏切らない、短編集にふさわしい程よい大きさの小ネタが満載。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kaizen@名古屋de朝活読書会

    「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズの「憂鬱」「溜息」に続く第3弾。「涼宮ハルヒの退屈」「笹の葉ラプソディ」「ミステリックサイン」「孤島症候群」の短編4話。「涼宮ハルヒの憂鬱」を読んで,分からなかったいくつかが、これらの短編で分かる。「笹の葉ラプソディ」では、涼宮ハルヒが、なぜこの県立高校に入ったのか。涼宮ハルヒが、なぜ、キョンを見たことがあると感じたか。涼宮ハルヒが、なぜ、キョンをSOS団に誘ったのか。ほぼ解明。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 海猫

    バラエティーに富み、なおかつ中身の濃い短編集。最後の孤島症候群は推理小説としてもがっちりとした話で堪能させていただきました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • mitei

    今回はアニメでも多く取り上げられていた短篇集が多いが、ハルヒの核心に触れそうな場面をチラチラと入れたのが良かった。この本が出たのが10年前になるんだな・・・。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Aster

    アニメを思い出しながら楽しく読めた。ハルヒの無鉄砲キャラが少年漫画にありがちな独り善がりなもの“だけ”ではなく、人間味溢れている一面もあり、あくまで作中の世界とキャラクターは実生活に根付いている。キョンの独白もリアリズムの一要素である。密室殺人の回のハルヒの弱々しさは少し萌えました。いや、少しじゃないですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル