消閑の挑戦者 パ-フェクト・キング
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

消閑の挑戦者 パ-フェクト・キング

第6回角川学園小説大賞〈優秀賞〉受賞作!
著者: 岩井恭平
シリーズ:消閑の挑戦者(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

狂気の天才少年が主催するゲーム〈ルール・オブ・ザ・ルール〉。ひょんなことからプレイヤーとなってしまった高校1年の鈴藤小槙は、パートナーである春野祥と離れたまま、幼なじみであるゲームマスターに挑む!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ほたる

    サマーウォーズのノベライズ本を出してる作家さんだから、面白いのかなと、古本屋さんで買ってみた本。読みはじめは、表紙の絵からして、中高生向けな感じかなと思っていたら、ゲーム感覚で、ストーリーが進む感じが面白い本でした。でも私の頭では、まるで不思議の国のアリスのような謎解きが難しかったかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちゃか

    特別なゲームに参加する事になった主人公たち。 参加者同士でやり合いもするし、妨害を担当するディフェンダーと言うGM側の人材もいる。 そんな状況で、そこまで仲が良いわけでもない小槙と祥は初手から別行動をしているし。ゲームルール的にも障害が多く、合流も難しい。 目的がある祥が止まらず進み続けたのもそうですが、自分では決められない小槙がゲームを通して変化していったのが良い。 あと作中で提示されるなぞなぞに、駆け足でもしっかりと答えが描写されてたのもありがたいですね。ああいうの考えるの苦手で。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • はつかねずみ

    再読。 何度も読み返したラノベの一つ、だけどもう何年も読んでなかった一冊。 今読み返すと、作品の構成としてはともかく作中世界観における設定として、なんで二人一組なのかとか、天才要素を薄れさせる運ゲーになってるプログラム設定とか、よくわからないところもあるものの、勢いとダメな天才だった小槙がいろんな天才たちとの交流を経て覚醒していく流れはやっぱりとても好きだった。 ふんだんに盛り込まれたバトル要素は、3巻で見せる完全体の小槙を想定してたのかな……果須田裕杜の目にはどこまで見えてたのやら。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こわっぱ

    久しぶりに読んだがやっぱり面白い。3巻まであるけど、やっぱり1巻が1番好きだなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 柴見 流一郎

    読み進めてミステリや謎解きメインなのかな、と思いきや異能力が普通にさらりと出てきてあれ?となりました。それに特に補足もなかったようで、ストーリーもいまいち心に残らず。彼らは何をしに行ったのだろう。読み終えてしばしぼうっと考え込みました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK