IS〈インフィニット・ストラトス〉 12
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

IS〈インフィニット・ストラトス〉 12

第七王女(セブンス・プリンセス)、襲来!
著者: 弓弦イズル (著者) / CHOCO (イラスト)
シリーズ:「IS<インフィニット・ストラトス>」シリーズ

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「ふふ。おぬしをわらわの召使いにしてやろうぞ」
IS学園へ留学にきたルクーゼンブルク公国第七王女アイリスから世話係を命じられた一夏。それが面白くない鈴は、一夏を気に入って国へ連れ帰ろうとするアイリスにISで勝負を挑む。箒と組んで決戦に臨む鈴だったが、驚異の性能を有するアイリスの第四世代機に苦戦を強いられて……。
その陰で密かに進んでいた箒のある変化が引き金となり、未知の量産機による箒の誘拐事件が発生する。後に「紅椿事件」と呼ばれる闘いに一夏たち専用機持ちは身を投じる――。
紅椿(あかつばき)繚乱の第12巻!

※本電子書籍にはDMM GAMESより配信されている「IS<インフィニット・ストラトス>アーキタイプ・ブレイカー」にて使用可能なシリアルコードが付属しておりませんのでご注意ください。

みんなからのレビュー

  • わたー

    ★☆☆☆☆往年の輝きは何処へやら。今回もひたすらにうっすい展開が続いて辟易した。これまでもヒロインが多すぎて上手く動かせていないのに、ここに来て新キャラ出すとか、その新キャラが物語に深く絡んでこないとか色々言いたいことはあるが、既存のヒロインの扱いが雑なのが1番いただけない。なんでここまで追っかけて来たのか自分でも謎だが、次巻で最終巻らしいのでそこまでは付き合おうかなと想う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Keigo

    すごく読みやすいので、一気に読了しました。今巻ではISの謎について解き明かされます。そして、話は一気に収束に向かうように、次巻でISは完結のようです。しかし、この時点で新キャラを登場させたり、空気気味の箒をメインに持って来たりと、大分無理矢理感が半端ない感じですが、次巻で終わりだと思うと少し寂しいです。この機会にアニメ見返したり、ゲームしたりしたいですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★☆ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    学園に留学に来た皇女様が一夏を巡り騒ぎを起こす中、箒に変化が起き、未知の量産機が襲い来る今巻。―――終わりの始まりを告げるは、少女の願いと産みの母の狂える笑い。束謹製のISがその力を見せつけ、白式の王としての形態が姿を現す今巻。変化は突然に、覚悟を決める箒の裏で、ISの真実に触れる一夏の身に起きる異変。そして今告げられる、一夏と千冬、マドカの真実。否応なく始まる終わりへの歌、動き出す束博士達。世界は一気に混乱へと巻き込まれ決戦へもつれ込む中、一夏達は何を選び、何を掴むのか。 次巻も早く読みたいものである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ダイ

    物語もクライマックスが近いこのシリーズですが、ページ数も描写も薄くて少し物足りないです。それと新ヒロインの王女のアイリスが登場しました。このタイミングでヒロインの追加は驚きましたが、前半の学園のラブコメを引っ張ってくれましたね。ただ後半はちょっと空気でしたが。その後は拐われて闇堕ち状態の箒を救出する話でしたが、展開が速くあっさり終わってしまった印象でした。ラストで一夏と千冬の出生の秘密が明らかになったり束の宣戦布告、刺される一夏など話が一気に動きましたね。次が最終巻らしいので最後まで付き合おうと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル