モンスターのご主人様 13
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

モンスターのご主人様 13

著者: 日暮眠都 (著者) / ナポ (イラスト)
シリーズ:モンスターのご主人様(モンスター文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ローズの決死の活躍をはじめ皆が力を振り絞った結果、孝弘たちはマクローリン辺境伯領軍の手から逃れることができた。その後、アケル王家に受け入れられた孝弘たちの下に、聖堂教会の使者として飯野が現われる。聖堂教会からの申し入れは、辺境伯と停戦の話し合いの場を設けるために、孝弘を帝都に招待したいというものだった――「小説家になろう」発、異世界ファンタジー第十三弾! 短編の「変わりゆく日々」ほか書き下ろしパートも大幅収録!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ラノベ大好き

    加藤さんのターン(可愛い)。早く報われてほしい。水島さんやシランとかはちょっとしか登場してないのにしっかりとヒロインアピールしてくるのがまた憎い(可愛い)。あと飯野ちゃんがツンツンしてて可愛い。聖堂騎士団や探索隊と一悶着ありそうで意外と平和に進んでるなと思ったら最後にやっぱり波乱。続きも楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 加賀ますず

    加藤真菜の秘密。真島孝弘の思い。前巻でなんとかひと段落し、アケルの勇者として讃えられる孝弘たち。そこに探索隊から合流しないかという提案があり…というあらすじ。前巻まで緊迫した内容が続いていた分、今巻では雰囲気もぐっと落ち着いて、彼らの現状やこれからをどうするのかといった状況整理に焦点が当てられている。その中で加藤さんの中に芽生えている想いや、彼女の過去の友達などが絡んできて、バトルはなくともしっかり面白いハイクオリティ。でもそんなにゆっくりもできなさそうなひきに期待感もマシマシ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • niz001

    ずいぶん弱弱しくなっちゃった加藤さん巻。大勢力と腹の探り合い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    逆境から何とか逃れて、それで高まった名声を利用して基盤を築こうとしたら…そんなに上手く行ったら面白くないわな。最後のシーンもなかなか良い終わりかたをしてる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 菊地

    みんなが待ち望んでいた加藤さんのターンだ!次回に続くけど! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/12/28
  • 定価
    734円(本体667円+税)
  • ISBN
    9784575752342

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK