あらすじ紹介

――“最強"の自分と相対せよ

ついに故郷へ帰還する手がかりを得たハジメたち。
目指すは【氷雪洞窟】――氷と雪に閉ざされた、極寒にして極限を成す最後の大迷宮。
新たな力を携え挑むハジメたちだったが、氷面鏡の迷路に加え、奇怪な囁き声に悩まされる。
その仕掛けは一行の精神を着実に蝕んでいき――。
そんな極限状態の中で分断され、一人ぼっちとなった雫の前に現れたのは、偽りの自分。
自身を超える試練に臨む雫だったが、目を逸らしてきた真実を虚像に突きつけられ、心が決壊してしまい……!?
「南雲君、少し、疲れたわ。ちゃんと……守って……ね?」
内に秘めた自身に克己せよ。
“最強"異世界ファンタジー、第9巻

みんなのデータ

  • 12
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • レリナ

    最後の迷宮氷雪洞窟へ挑むハジメ達。今回は雫がヒロインしてたな。今回の迷宮は自分自身を相手に戦わなくてはならない試練がある迷宮。初めての前編後編に別れての刊行。最後の迷宮を攻略した後に待っているのは、またしても戦いだろう。自分自身を相手に戦う一同に勝機はあるのか。自分自身の声だと惑わせられやすいよね。雫がヒロインになるのは時間の問題だったが、今回いい所を持っていったね。ある意味ハジメの助けが効いていた所もあったと思うが、やっと自分に素直になれた雫はイイね。次巻でどうなるやら。次巻に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★★☆ 遂に雫ちゃんがハジメ争奪戦(争奪戦というよりはハーレム)に参戦!!!幼い頃から自分の内面の気持ちと周りからのイメージとのギャップに苦しんでいた雫。そんな彼女には最悪とまで言えるほどの今回の大迷宮の試練。無常にも突きつけられる己の醜く濁った感情に加えて親友である香織の想い人であるハジメに対する恋心を否応なく自覚させられ、彼女の心は完全に折られてしまう。そんな雫の絶体絶命のピンチにハジメが颯爽と現れて雫も完全にハジメに陥落。これまでしっかりとした一面ばかりを見せられていた分、いざハジメに甘えると→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    ウサミミ連中のヒャッハーが凄すぎて、最後の大迷宮とかどうでも良くなってる。勇者の病み具合が酷いのと、武士娘が堕ちたくらいか?同じ風景を見せられてる気分だわ、、 続きを読む…

    ネタバレあり
  • げんごろう

    頼れるお姉さん的存在の雫にスポットが当てられた今巻。彼女がこれまで内に秘めていた感情。そしてハジメへの想い。それ等が赤裸々に綴られ一人のヒロインとして凄く魅力的な存在になりました。強力過ぎるライバル達が居る茨の道ですが、今後彼女がどう歩んでいくのか楽しみです! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    ・・・ウサミミ連中がはっちゃけた後だと普通のストーリーがつまらない。 ウサミミ連中恐るべし! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK