ノラネコ彼女を餌付けしたい 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ノラネコ彼女を餌付けしたい 2

「私だけは……絶対負けません!」
潔癖シスターを懐柔せよ!?
ハチャメチャシェアハウスラブコメディ、第2弾!
著者: 天乃聖樹 (著者) / kakao (イラストレーター)
シリーズ:「ノラネコ彼女を餌付けしたい」シリーズ(GA文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ワケアリ家出娘が集うシェアハウス・ノラネコ。気ままに暮らす彼女たちの世話を焼くうち、次第に信頼されるようになってきた結人だが――
「私だけは……絶対負けません!」
思い込みが激しい男嫌いの久遠だけは結人に激しい対抗心を燃やし続けていた。
どうにかして管理人を追い出したい久遠は、住人たちに結人より美味しい料理を振舞おうと奮闘する。
「俺は……久遠の料理好きだぞ?」
「う、うるさい! 敵がフォローしないでください!」
結人を突き放す久遠が、胸に秘めた本音とは――?
シェアハウスラブコメ波乱の第2弾!!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

みんなからのレビュー

  • まっさん

    ★★★☆ いい意味で緩いハーレムラブコメですらすらと読み進めることが出来る今作。イラストレーターのkakao先生のイラストも相まって上手い具合のエロ要素がミックスされている。もちろんそういった要素に関してはそこまで過剰に描かれていないので、全く受け付けないという人以外はそこまで支障なく読めると思う。内容的には一巻時点で若干物語の足枷になっていた感があったシスター・久遠回。ラブコメを進める上で、周囲の人間にも男性潔癖を促す彼女の存在は展開上異物になっていたが、そんな彼女をさっさとハーレム要員に引き込む→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    ワケありの家出少女達が集うシェアハウスで巻き起こるドタバタラブコメの第二巻。今回は久遠がメインのお話。世話を焼くうちに徐々に信頼を得ていった結人だったが久遠だけが目の敵にし対抗心を燃やしており、結人を追い出そうとする為に美味しい料理を作ろうとするのだが...。久遠が頑なに男性を忌避する理由が明らかになったがあんな目に会うとそうなるわな。あと、料理の描写は豆知識になるしおいしそうやし良かった。今回は久遠の家族の問題が解決しないまんまだったしこのままではアカンがどう解決に持っていくのかな?親がダメすぎるよね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    【電子書籍】シェアハウスの管理人になった結人に唯一靡かない久遠。彼女に心を開いてもらおうと結人は考えを巡らす。一方久遠は、何とかして結人を追い出そうと躍起になるがどこかズレていて。久遠が頑なに結人を拒む理由とは…。久遠も重たい影を背負って育ち、自分の内から溢れる様々な思いと、自分を抑圧するものとの板挟みになっているのが本当に痛ましい。そして、そんな彼女を『家族』として守るために奔走する結人が最高に格好いい。自分に正直に生きることを選んだ久遠の強烈な誘惑に、結人はどこまで耐えられるのか?今回も面白かった! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    管理人の仕事を順調にこなしながら、次第に信頼されるようになった結人。そんな結人のことを快く思わない久遠が張り合うように料理を振る舞い奮闘する中で胸に秘めた想いが明らかになる久遠回。久遠が極端なまでの潔癖になった理由がよくわかり、その狭間で揺れる本心がまた何とも愛おしい。「心の純潔」に縛られていた久遠が解放されたときの暴れっぷりたるや凄まじい破壊力。極端から極端へと流れる展開は軽くコミカルになっているので楽しく、結人はどちらに触れても死は免れないというのは辛い(笑)。次巻はあの方の回だろうか。楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    次第に結人が信頼を得ていく中、彼を毛嫌いし追い出そうとしてくる久遠が攻勢を仕掛けてくる今巻。―――秘めた想い溢れる時、神は滅び彼女は堕天する。 潔癖症に見える心に封じられていたのは年相応の少女の心。其を歪めるは押し付けられた価値観。本心と教義の間で揺れ惑う久遠を救うべく結人が駆け回る今巻は、久遠の魅力がこれでもかと盛り込まれた巻であり、家族の絆を心に救おうとする結人の姿が眩しい、面白さ更に深まる巻である。ぽんこつ側へと鞍替えし想いに素直になった彼女が迫る中、次の問題は誰の問題か。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/03/14
  • 定価
    630円+税
  • ISBN
    9784815605070

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル