黒の召喚士 11
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

黒の召喚士 11

戦闘狂VS神の使徒
最強の激戦が始まる!
著者: 迷井豆腐 (著者) / ダイエクスト、黒銀(DIGS) (イラスト)
シリーズ:「黒の召喚士」シリーズ(オーバーラップ文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

異世界からの転生者にして戦闘狂の“ケルヴィン”。
彼がグレルバレルカにてセラの父であるグスタフとのバトルに勝利を収める一方、セラとベルの姉妹喧嘩(バトル)も佳境を迎えていた。
互いに奥の手を出し尽くしてもなお、一歩も引かない壮絶なバトルはしかし、予想外の結末を見せることに。
さらにケルヴィン一行は、神の使徒が根城とする「邪神の心臓」へと到達。
図らずもケルヴィンと離れ離れになってしまったリオンの前には、かつてデラミスにて刃を交えたセルジュが現れることになるのだが……?
黒衣の“死神”が仲間と共に神の使徒に挑む、爽快バトルファンタジー第11幕!

みんなからのレビュー

  • 真白優樹

    ケルヴィン達が神の使徒の根城である場所へと潜入する中、仲間とはぐれたリオンの元にセルジュが現れる今巻。―――更なる激突、更なる死闘。 戦いは未だ果て無く。 セラの家族との壮大な親子喧嘩と言う名の激突の先、神の使徒との戦いが本格的に始まる今巻。逃れられぬ深淵まで辿り着き、それでも目の前の強敵へ向かい歩みを止めぬケルヴィン達が神の使徒達との死闘を繰り広げる、更なる戦いが物語を盛り上げてくれる巻である。果たして同時進行的に巻き起こる戦い、危機が迫るケルヴィン達の安否とは。 次巻も早く読みたいものである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Stephan170825

    これは物語の終幕へ向かいつつあるのでしょうか、敵の本拠地へ遂に乗り込みます。直前の姉妹喧嘩や、セルジュの性癖など気になる点はありますが、なぜか一番に印象に残ったのは生還者でした。おじさんに親近感が湧き過ぎて、敵なのか味方なのか、それとも変なおじさんなのか分かりません。最後は若い娘に囲まれて幸福な人生、ではなく刀生を迎えることができたのでしょうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ロック

    ついにセラvsベルによる姉妹喧嘩は決着。魔都での問題は解決かな?ケルヴィンもなんやかんやで愚息扱いだけど楽しそうでなにより。 そして神の使徒の本拠地を突き止め、初っ端前勇者セルジュと現勇者組達によるバトルが勃発…なのだけど緊張感がないのはいつものこと。まさかセルジュの性癖暴露があるとは…。でもそれがこの作品の良い所なのかもしれない(謎の安心感)使徒たちの計画も判明し終盤に向かったらしく嫌なフラグも立っているけれど、いつもの賑やかな感じで終わりに向かってほしいかな。と言ってもまだやることは多いと思うけど。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル