本能寺から始める信長との天下統一 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

本能寺から始める信長との天下統一 2

信長の身内なら、城を持つのも当たり前!?
著者: 常陸之介寛浩 (著者) / 茨乃 (イラスト)
シリーズ:「本能寺から始める信長との天下統一」シリーズ(オーバーラップ文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

炎上中の本能寺にタイムスリップして織田信長の命を救い、歴史を変えてしまった俺、黒坂真琴。
信長の客人として安土城で生活していたんだけど、信長の義娘となった茶々と婚約したことで状況が一変! 
織田家の一門に入る以上はと、近江に築城中の大津城の城主にされてしまう! 
任されたからには、現代の知識を駆使した城にしてやるぜ!!
一方、成り上がっていく俺にいつか捨てられるのではと不安がる桜子は、恋心が暴走して身体で迫る作戦に出てきて……!?
信長生存ルートを描く戦国歴史ファンタジー、待望の第二幕!!

みんなからのレビュー

  • アウル

    炎上中の本能寺から信長を救い出しなんやかんやと活躍していく内に茶々と結婚する事になり、それにより大津城の城主にされてしまう巻。信長を第一に考え出し惜しみすることなく知識を出していく真琴。そんな彼の元にハーレムが出来ないはずもなく(男衆も含む)。歴史が大きく変わり先が未踏素ことが出来ない中、秀吉、家康陣営辺りが色々と動きを見せてきてるようだがどうなる事やら。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    茶々と結婚することになった真琴が大津城の城主に任命される中、延暦寺が真琴へ接触し、桜子が思い溢れて真琴にアプローチしてくる今巻。―――募る想いは身を突き動かし、動き出す歯車は世界を確かに変えてゆく。 茶々と真琴の結婚、そして城主拝命。信長の出世。桜子達の魅力がこれでもかと描かれる中、家康や天海といった名だたる偉人達も登場し、本格的に誰も知らぬ歴史が始まる今巻。 未来の知識を活かし自らの身を守る為本格的に歴史改変が始まる、本格的な始まりに心躍る巻である。果たして暗躍の行方とは。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • げんごろう

    遂に城主となってしまう真琴。 歴史改変上等!持ち前の現代知識を武器に前巻以上に好き勝手やってる感じが面白かったです。 女性陣は勿論、名だたる武将、著名人も囲い込み、色んな意味でハーレム形成してますね(笑) 彼にはこのまま突っ走って貰いたいです! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ルナ

    2巻も良かったでごわす 個人的にこの世界観、気に入りました 2巻では主人公、お城を持ちましたねw どんどん強くなっていく感じが呼んでいてとても気持ちいいです! 序盤でスマホに夢中になる茶々可愛すぎでしょwあれは反則 それに夜中裸で入ってくる桜子にはめちゃ笑ったwこれもある意味可愛いw 戦国時代で本当は敵が多いはずなのにシリアスすぎず、主人公の日常が多く描かれていてすごい読みやすいです 2巻最後の家康の言葉がすごく気がかり... 3巻楽しみに待ってます 続きを読む…

    ネタバレあり
  • KZ

    ■「本能寺の変の後から始まる」って出発点自体は良いのだけれど、やっていることは普通の信長家臣ルート開始の小説の変わらず(嫁が市から茶々になったくらい)。周囲は理解者ばかりで展開は波風立たないし、戦の方は主人公介入する意思も必要性もないために、全体的に盛り上がりに欠けちゃっている。 ■不用と思ってた主人公の陰陽師設定、天海絡みで使うのか。ここら辺でオリジナリティーが欲しい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル