やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい2 2
読みたい読んだ
読みたい

やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい2 2

のちの大軍師ガーディ、覚醒の時――王道ヒロイック・ファンタジー第2弾!
著者: 芝村裕吏 (著者) / 片桐雛太 (イラスト)
シリーズ:やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい(MF文庫J)

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

グランドラ王との戦争での功績により、金貨姫フローリンから故郷タウシノの領主に任命されたガーディ。その役職は名ばかりながらも、ガーディの存在を警戒する姫の臣下も現れた。そんな中、ガーディは自身の存在価値を証明する必要から、亜人種や土着勢力が入り乱れるタウシノの平定を名乗り出る。だが、兵士も連れず傭兵も雇わずに味方は無理矢理ついてきたナロルヴァ一人だけ。誰もが無謀な絵空事だと考えた、たった二人の森州平定戦――それは、大軍師が冴え渡る軍略によりその名が歴史の表舞台に刻まれる燦然と輝く偉業の始まりだった――異端のヒロイック・ファンタジー。第2弾!【電子限定!書き下ろし特典つき】

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/02/25
  • 定価
    620円+税
  • ISBN
    9784040644493

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル