沈黙ピラミッド ブギーポップ・クエスチョン
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

沈黙ピラミッド ブギーポップ・クエスチョン

「そう、現れようとしている―― ブギーポップが」
上遠野浩平 (著者) / 緒方剛志 (イラスト)
シリーズ:ブギーポップ(電撃文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

彼女は彼が好きで、彼は別の彼女が好きで、でも彼女が好きな人には恋人がいて……そういうありふれた三角関係に、合成人間どもの異形なる死闘が──逃げ続けて隠れる者と、それを追いながらも己の恋のみを追い求める者と、そいつらを喰いものにしている怪物と──奇怪なる三角形が重なるとき、そこにひとつの質問(クエスチョン)が生まれる……「ブギーポップってなんだよ?」憶えていること、忘れてしまったこと、消えてしまった愛と、友情と、夢と──答えの見えない問いかけを巡る、これは想い出せそうで、でも決して想い出せない物語。死神をさがしながら、消えてしまった過去をたどる少女たちの運命の先にあるのは、解放か、あるいは沈黙か……?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 青味泥シンカ

    ブギーポップ・シリーズがどういう話なのか、一言で表すのならそれは"奇妙な青春"であり、そしてその意味では、今作はこれまでの中で一番奇妙だったと思います。青春があり異能がありミステリがあり、それらが最初から全部終わっているのが、十八番のカットバックにて語られる。その上で文章的に円熟し出していることもあれば、全体的にかなり完成度が高い作品であると感じました。まぁ、文章的解像度が上がった所為で過去作と同年代に感じられないのはご愛嬌ですが。タイムスケジュールが更に重なったのは、今回のテーマとしては有りですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • らいら

    正史は進まなくなったなぁ。 いつも通り新しいキャラ出てきて、その人の周りで事件が起こるお話+昔の作品とのクロスオーバー。今回はスプーキーEがでてきてちょっと懐かしい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2008/01/25
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784048676717

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK