日常ではさえないただのおっさん、本当は地上最強の戦神 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

日常ではさえないただのおっさん、本当は地上最強の戦神 5

【魔界の民】よ、彼らこそが“地上最強”だ。
著者: 相野仁 (著者) / 桑島黎音 (イラスト)
シリーズ:日常ではさえないただのおっさん、本当は地上最強の戦神(角川スニーカー文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

かねてから帝国の望みだったエルフの里との同盟は、ベアーテ皇女のはたらきで見事結ばれた。
しかし直後、大陸北部のビゴット聖国が魔界の軍勢に攻め入られたという報せが入り!?
同時多発的に出現する【魔界の民】に、帝国は精鋭《八神輝(レーヴァテイン)》を大陸各地に派遣。
《殲滅の弓鬼》ギーゼルヘール、《氷結の女王》シドーニエがそれぞれ強敵と対峙し、魔界との全面衝突の狼煙(のろし)が上がる!
その裏で暗躍するは、魔界の参謀《紫眼導師》。
《光の戦神》バルはその影を追い、大陸の侵略者打倒への糸口を掴まんと東奔西走、ついに相まみえる時がきた——。
【魔界の民】よ震えて眠れ。ここからが“地上最強”の反撃だ。

みんなからのレビュー

  • アウル

    帝国とエルフの里との同盟は見事締結され一安心かと思いきや、聖国では魔界の軍勢に攻め入られたり、帝国では同時多発的に出現する魔界の民に精鋭の八神輝を大陸の各地に派遣する事に...な話。今までほぼバルとミーナの強さだけが書かれていたがやっとこさ他の八神輝も実力が明かされたがあの二人が異常なだけで他の面々も十分おかしいレベルやったわw次巻から遂に反撃開始となるらしいがどうなるのか楽しみだわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★☆☆☆ ずっと前から言っているけどやはりどうしてもプロットを読まされてる感が強いかな…1巻がとても面白くてここまで買い続けてるけど巻を重ねるごとに物語のクオリティが落ちていっている印象。内容は面白いので次巻以降に期待! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • どんぐり

    中世的な世界と対立、協力する国や帝国。剣と魔法のファンタジー万歳な世界。設定はテンプレですがキャラクターもテンプレ。最強さんに、美人エルフさん、良き王に質実剛健な家臣。ベタベタですが、嫌みがなく勧善懲悪な感じが好きです。ただなんのひねりもないので、何か仕掛けが欲しいかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    帝国とエルフの里との同盟が見事に締結される中、聖国を始めとして各地に魔界の軍勢が出現し、バル達八神輝が迎撃と解決の為に出撃する今巻。―――ではここから始めよう、最強たちによる圧倒的な蹂躙的反撃を。 バルとミーナだけが最強ではない、そんな事実を声高に叫ぶかのようにシドーニエやギーゼルヘール達が己の力を示す、今まで後手に回らされていた分の反撃が始まる、圧倒的な無双が際立ち連続して炸裂する爽快感が見所である巻である。敵の一角を崩し軍勢を送り返し。反撃の第二幕、あの世に堕ちるは誰か。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • フジ

    八神輝の強さが少しずつ明らかになっています。ここまで強いと圧倒的過ぎて、爽快ですね。ただ、重要人物の紫眼導師の最期があっさりすぎる気はしました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル