探偵はもう、死んでいる。 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

探偵はもう、死んでいる。 2

コミカライズ決定! 第15回MF文庫Jライトノベル新人賞《最優秀賞》受賞作、第二弾!
著者: 二語十 (著者) / うみぼうず (イラスト)
シリーズ:探偵はもう、死んでいる。(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

高校三年生の俺・君塚君彦は、かつて名探偵の助手だった。
シエスタを失ってから一年が経ち、夏凪や斎川と出会い、シャルと再会した俺は、ある日、彼女たちと共に《シエスタ》に誘拐される。
そこで告げられるのは俺が『忘れている』らしいシエスタの死の真相。
探偵と助手の長くて短い旅の記録。
地上一万メートルの上空で始まる少年と少女の冒険譚だった。
「君たちには、どうか見届けてほしい。そして、私が挑んだ最後の戦いを──」
そうしてシエスタは語り出す。
どうして探偵がもう、死んでいるのかを。
一巻発売後、新人賞作品として異例の大反響となった第15回MF文庫Jライトノベル新人賞《最優秀賞》受賞作、追憶の第二弾!【電子限定!書き下ろし特典つき】

みんなのラノベまとめ

  • ただの「ミステリー」ではない作品
    SoLs/LighsoRが作成したまとめただの「ミステリー」ではない作品で紹介されています。
    9

みんなからのレビュー

  • しぇん

    なるほど。一巻地点で死んでしまっていた探偵の事件の真相編。ここまで込みで一巻という感じの構成は見事でした。後書きがないのも物語の余韻に浸れてよかったです。ヘルとシェスタは裏表の関係な気がしますから、今後の展開にも期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    シエスタを失い一年が経って夏凪や斎川と出会い、シャルと再会し、彼女たちとともにに誘拐された君塚。そこでシエスタの死の真相が語られる第二弾。前巻に引き続いて語られる超絶可愛い探偵・シエスタとコンビを組む助手・君塚で解決してゆく事件、ヒロインたちも嫉妬を隠せない仲睦まじい二人の阿吽の呼吸っぷりだけですでにおなか一杯な展開でしたけど、でも2巻が終わっても今いるヒロインたちとの物語としてはほとんど進んでないんですよね(苦笑)予想もしなかった流れにビックリしましたが、今度こそここからどう展開してゆくのか続巻に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    今巻は探偵が”まだ死んでいなかった”頃の話が語られる巻。シエスタを失ってから一年が経ち夏凪たちと出会い止っていた時が動き出した君彦だったが、ある日彼女達と共に《シエスタ》に誘拐される。そこで語られたのはシエスタの死の真相だったという内容。君彦とシエスタのやり取りがただのバカップルすぎて笑う。既にヒロイン亡くなっているとは言え現状ではもう入り込む余地なさすぎるよね。話の作り方上手いよな~。次巻もどういう風になるのか楽しみだわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    新たな出会いと再会を経て君彦がシャル達と共にシエスタに誘拐され、かつての旅と死の真実に触れる今巻。―――捲ろうか、追憶と悲嘆に溢れたあの日の記憶の頁を。 今話題、そして勢いが止まらぬ中、まさかの過去編をこのタイミングで語る今巻。ここに語られるは彼等の旅路、彼等の別離、そして彼の咆哮。一巻を更に色を付けて肉付けし味を高めると共に、過去を語って更に世界を広める正に見事としか言いようのない本当の始まりが告げられる巻である。思い出したあの日の約束、そして過去。先に待つ事件とは。 次巻も早く読みたいものである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 星野流人

    1巻の過去、探偵がまだ生きていた頃のエピソード。最初は「2巻目にしていきなり過去編? 夏凪たちを置いてけぼりにしてないか?」と思いこそしましたが、物語はやはり圧巻です。熱くなるバトル展開から、伏線の数々、愉快なやり取りからラブコメまでありとあらゆるエンタメを取り込みまくった楽しい1冊でした。読み終えたときには「なぜ、2冊目がこのエピソードだったのか?」という疑問点も解消されていて、むしろ読んだことで1巻の物語が更に補完された感じがありました。新キャラのアリシアはかわいいだけでなく、何度となく驚かされます。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/01/24
  • 定価
    640円+税
  • ISBN
    9784040643281

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル