スパイ教室 01 
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

スパイ教室 01 

世界最強のスパイによる、世界最高の騙しあい!
著者: 竹町 (著者) / トマリ (イラスト)
シリーズ:スパイ教室(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

陽炎パレス・共同生活のルール。一つ 七人で協力して生活すること。一つ 外出時は本気で遊ぶこと。一つ あらゆる手段でもって僕を倒すこと。――各国がスパイによる“影の戦争“を繰り広げる世界。任務成功率100%、しかし性格に難ありの凄腕スパイ・クラウスは、死亡率九割を超える『不可能任務』に挑む機関―灯―を創設する。しかし、選出されたメンバーは実践経験のない7人の少女たち。毒殺、トラップ、色仕掛け――任務達成のため、少女たちに残された唯一の手段は、クラウスに騙しあいで打ち勝つことだった!? 世界最強のスパイによる、世界最高の騙しあい! 第32回ファンタジア大賞《大賞》受賞の痛快スパイファンタジー!

【初回限定】機関特製リバーシブルカバーが付属!!
※特典は紙本限定となりますのでご注意下さい

パートナーのおすすめレビュー

  • レオン
    レオン
    国家のために人知れず危険な任務に命をかける、美少女スパイチームの華麗な活躍が見所のスパイアクションだよ!

    過酷な任務に挑むリリィたち七人の少女スパイを鍛えるため、教官のクラウスが下した課題はクラウス本人を倒すこと。少女たちは策を練って奇襲や罠を仕掛けるも、『世界最強のスパイ』と称される凄腕のクラウスは彼女たちをあっさりと手玉に取ってしまうんだ。何度も失敗して返り討ちにあうリリィたちだけど、その度に磨かれていく騙しのテクニック、そして何よりチームワークこそクラウスが本当に教えたかったことなのかもしれないね。

    お調子者で楽観的なリリィをはじめ、少女たちはみんな愛嬌たっぷりでそれぞれ個性的なんだよ。クールでストイックなスパイのイメージとは真逆かもしれないけれど、可憐でキュートな美少女スパイも素敵だなって憧れちゃうね。メンバー募集してない? ボクも入れないかなぁ。
  • つむぎ
    つむぎ
    第32回ファンタジア大賞受賞作で、エリートスパイである青年クラウスをボスとした美少女スパイチームが、困難な不可能任務に挑む! 注目のスパイアクション小説です。

    リリィをはじめとしたヒロインの少女たちは実戦経験のない見習いスパイですが、鍵開け、色仕掛け、毒殺、変装など、ひとりひとりが何かしらの分野のエキスパートで、スパイならではの知識や技能を駆使した騙し合いの攻防に引き込まれます。スパイと見破られれば自分はもちろん、仲間の命を危険に晒すことになります。自分と変わらない年齢の女の子たちが敵国に潜入して窮地をくぐり抜けていくシーンは緊迫感あふれて圧倒されちゃいますよ!

    そして物語のクライマックスで明かされる、クラウスが仕掛けたトリックには驚かされました...! 私もすっかり騙されましたけれど、素直に感動です! みなさんも騙される楽しさを味わってみてください。

みんなのデータ

  • 258
    評価する
  • 196
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 海猫

    ラノベで珍しいジャンルのスパイ・アクション。もともと私はライトノベルとスパイものは相性が良いように思っているけど、稀にしか出ないね。前半はスパイ学校での訓練、後半は実践の闘い、と、構成が映画「キングスマン」の1作目っぽい。で、不思議だったのはカラー口絵でスパイ少女メンバーらが、描かれていても文章でさほどキャラ立てしないし、気になる箇所があった。しかし、読み進めたらなるほど!と膝を打つ仕掛けがある。著者が柳広司の「ジョーカー・ゲーム」を意識してたそうで、さもありなん。次巻この設定をどう活用するのか楽しみだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ばたやん@かみがた

    相変わらず読むの遅いけど、今年読んだ新作の中では屈指の読み応え。いや、人数の件は早い内に読者に判っていて、それが逆転打になることにモニョる所もあるのだけど。その様な瑕疵を些細なものと思わせるのは、リリィ初めスパイとして「落ちこぼれ」のレッテル貼りをされた少女たちの過去と内面にまで入り込み、その居場所と存在意義を肯定してゆくことに物語の主眼を置いているからだ。居場所は言うまでもなく、少女たちが互いの切磋琢磨と連携で形作っていく新チーム『灯』であり、教師兼指揮者たるクラウスは基本産婆役に過ぎない。(1/n) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    武力による戦争ではなく、スパイによる情報戦が繰り広げられる世界。凄腕スパイのクラウスは、一流スパイでも成功率一割未満とされる『不可能任務』を達成するため、チーム『灯』を結成。ところが集められたメンバーは養成校でも落ちこぼれの少女たち七人で…。とても面白かった。口絵の登場人物と実際に登場する少女たちの数の違いにあれ?となり、全てが明らかになったとき、作中に鏤められた仕掛けになるほど、と感心しました。冒頭の一文が重要だったということですね。リリィがコミカルで良いです。続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ℳℯ

    ★★★☆☆ 周囲の評価が高く手に取ってみた本作。独特な地の文で物語が進んでいく中、終盤にかけて敵を、そして読者を騙す事実が明らかになるのだが、叙述トリックとまではいかない中途半端な展開に、少し首を捻った。どうやら「世界最強の騙しあい」というキャッチコピーが仇となり、中身が薄っぺらく感じられてしまったのかなと。それと、エルナの一人称が『エルナ』であり、彼女以外の七人の個人情報が事前に帝国に知られていたのだとしたら、その一人称を聞いただけで盗聴した側は自分達の知らない「八人目」に気づくのではないだろうか?と→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 雪紫

    プリプリ2話でドロシーは言った。スパイは「ウソをつく生き物だ」と(そして主人公アンジェは嘘付き)。そして、冒頭の「スパイは常に嘘をつくーー。」。高まるのはどんでん返しへの期待と「警戒」。生じるのは「あれ」と見比べて肥大する違和感とピンチの際でも何処かに策を仕掛けてるんじゃ。との身構え。・・・はい、悪い展開予想しちゃった分、綺麗に騙されましたー! はい、これ続き追います(ちょろい)。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 2020年ベストタイトル(新作)
    やまさきりゅうが作成したまとめ2020年ベストタイトル(新作)で紹介されています。
    19
  • 初心者必見!!個人的おすすめラノベ5選!
    かんくんが作成したまとめ初心者必見!!個人的おすすめラノベ5選!で紹介されています。
    2
  • 2020年上半期 BEST10 【好きラノ風】
    やまさきりゅうが作成したまとめ2020年上半期 BEST10 【好きラノ風】で紹介されています。
    27

関連情報

『このライトノベルがすごい!2021』(宝島社刊)特集

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK