ロクでなし魔術講師と禁忌教典 16
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 16

魔術師の覚悟と禁忌教典の騒乱。
著者: 羊太郎 (著者) / 三嶋くろね (イラスト)
シリーズ:ロクでなし魔術講師と禁忌教典(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

準決勝へと駒を進めた帝国代表選手団。日輪の国との対決で試されるシスティーナの魔術師としての覚悟。一方、アリシア三世の手記の解読を終えたグレンに待ち受ける禁忌教典の騒乱。ここに、前哨の火花が散る!

みんなからのレビュー

  • よっち

    魔術祭典の準決勝へと駒を進めたアルザーノ帝国代表選手団。日輪の国のメイン・ウィザード、サクヤとの出会いにより、システィーナは魔術師としての在り方を問われ、グレンは禁忌教典の謎に至ろうとする第十六弾。急激な成長に覚悟が追い付かない白猫の葛藤はとても彼女らしいなと思いましたけど、アリシア三世の手記でグレンが追体験する過去でここまでのいろいろな断片が繋がってきましたね。重要な局面へのジャスティス介入に加えて、魔術祭典決勝でも異変が起きて次巻もまた波乱は必至。キーマンになりそうなグレンや彼女たちの活躍に期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • むっきゅー

    アリシア3世の時代に何があったのか、グレン・白猫・ルミア・リィエルの4人は、そもそも何者なのか。物語の核心に近づく第16巻。魔術祭典は準決勝が熱い闘いで、白猫の弱点(優しさ)を上手く衝かれた戦術にピンチを招く展開。そんな白猫にかけてあげたグレンの言葉に、白猫は魔術師としての覚悟を決め、同時にグレンに対する自分の気持ちを理解する。白猫最強。イグナイトの野望、ジャティスの介入など、世界情勢がカオスとなってしまったラスト、次巻の展開が全く予想できない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    魔術祭典準決勝。勝ち上がったシスティたち帝国代表はサクヤ率いる日輪の国代表との対戦で魔術師との覚悟を問われる中、グレンはアリシア三世の手記解読から世界の秘密に辿り着く本巻。初期にメンタル面の弱さが目立ったシスティがまたも苦しめられる展開は懐かしさとともに、最後にグレンがやってくれたなと安心感がある。手記の件はまだまだ謎は残されているものの、だいぶ見えてきたというところ。何といってもジャスティスが全てを持っていった感じが否めない。彼が導き出した正義の最適解が世界にもたらすものは何なのか。次巻が楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    長かったトーナメントは終わりましたし、過去の重要そうな設定も明かされて着ましたが最後の展開はカオスの一言。本当に収拾に迎えるのか注目です 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    ★★★★★ 何だこれ、なんだこれ、なんだコレ!?序盤の白猫の葛藤なんて、どうでも良くなるくらい中盤以降の展開が凄かった。怒涛の伏線回収をした上で更に大風呂敷を広げる様にはある種の狂気に通じる凄みを感じた。タイトルの禁忌教典に迫る内容となったのだが、そりゃ、彼らに絡むとなれば禁忌中の禁忌ですよね。そして、ラスト。物語が一段落したところで、奴が登場し、見事にちゃぶ台返しをキメてくれました。なんというカオス、なんたる狂気!?コレ、本当に収拾がつくの?それにしても、登場人物が多すぎてWiki必須になってきた。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル