吸血鬼に天国はない 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

吸血鬼に天国はない 2

生き延びた先に待つのは、恋と地獄。そして姿を現す『吸血鬼狩り』。
著者: 周藤 蓮 (著者) / ニリツ (イラスト)
シリーズ:吸血鬼に天国はない(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「「ハッピーニューイヤー」」  
 降りしきる雪とともに訪れた新年。吸血鬼ルーミーを因縁と陰謀の中から救い出し、日常へと回帰したシーモア。騒々しい運び屋仕事の中で、二人はぎこちなくも幸福な日々を送っていた。
 だがそんな日常も長くは続かない。
 マフィアに追われ、逃げ込んできた双子のバーズアイ姉妹。人を傷つけないと誓ったことによって、徐々に迫り来るルーミーの飢えの限界。
 緩やかに、しかし確かに平穏の終わりが近づく中で、シーモアたちの前に姿を表す最悪の敵『吸血鬼狩り』。
 選び取った幸福の中で、シーモアは更なる決断を求められることになる。
 人と人ならざるものの恋物語、第二弾。

みんなからのレビュー

  • よっち

    吸血鬼ルーミーを因縁と陰謀の中から救い出し、日常へと回帰したシーモア。ぎこちなくも幸福な日々を送っていた二人がマフィアに追われていた双子のバーズアイ姉妹と出会う第二弾。姉妹とともに過ごすことで浮き彫りになってゆく二人の関係の危うさ、そしてシーモアと約束を交わしたことで直面するルーミーの葛藤と飢えの限界。相変わらず無自覚で言葉足らずで不器用な二人の関係がもどかしいですが、再び二人が交わした約束と新たな関係によって垣間見えた可能性と、今後に向けて張られた伏線がどう絡んでくるのか、これからの展開が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サケ太

    人間と怪物、男と女。二人の姉妹の登場から起こる騒動。その関係に亀裂が生まれ、新たな想いが生まれる。非常に好き。ギャグキャラかと思われた人物も、その人間らしい愚かさと実直さが格好良い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 中性色

    聖水(意味深)。展開としてやりたいことはわからんでもないけど、新キャラがちょっと舞台装置化しすぎやないかな。というか、最初は死神の方が吸血鬼狩りなのかと思ったが。あとこれは前作にもいえるけど、敵役の方がイチイチかっこいいな。個人的にはニベルコルが好み 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    吸血鬼であるルーミーが種族としてと約束に悩み、シーモアはルーミーとの距離感を掴みかねる。不器用で言葉足らず、そんな2人がゆっくりと近づいていくのが魅力でした。全体的にこじんまりしてるかもですが、それがルーミーとシーモアには合ってるかもしれないです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • AKF-ZERO

    殺し屋組織との敵対関係も丸く納まり、日常を取り戻した運び屋シーモアと元殺し屋の吸血鬼ルーミーの元に、またもトラブルが舞い込んできて…。同居人が増え住居兼ガレージでの生活も平穏…かのように見えた歪な関係は、水面下で徐々にずれ始め、やがて大きく歪み、信頼関係の破綻はある日突然に。捕食者と餌という生物としての価値観が違いすぎる二人なので、ちゃんとその辺りの齟齬を顔つき合わして話し合うべきだったのに、二人共なあなあで信頼関係の上にあぐらかいてしまってたからこうなるのは当然。まったくこの二人の不器用っぷりったらもう 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/12/10
  • 定価
    690円+税
  • ISBN
    9784049129069

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル