探偵はもう、死んでいる。
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

探偵はもう、死んでいる。

《最優秀賞》受賞作。これは探偵を失った助手の、終わりのその先の物語。
著者: 二語十 (著者) / うみぼうず (イラスト)
シリーズ:探偵はもう、死んでいる。(MF文庫J)

みんなのデータ

  • 167
  • 137

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

第15回MF文庫Jライトノベル新人賞《最優秀賞》受賞作

「君、私の助手になってよ」
四年前、地上一万メートルの空の上で聞いた台詞から、俺と彼女の物語は始まり——終わった。

俺・君塚君彦は完全無欠に巻き込まれ体質で、謎の黒服に謎のアタッシュケースを持たされたあげく、ハイジャックされた飛行機の中で、天使のように美しい探偵・シエスタの助手となった。
それから——
「いい? 助手が蜂の巣にされている間に、私が敵の首を取る」
「おい名探偵、俺の死が前提のプランを立てるな」
俺たちは、世界中を旅しながら秘密組織と戦う、目も眩むような冒険劇を繰り広げ——

やがて死に別れた。

一人生き残った俺は高校生になり、再び日常というぬるま湯に浸っている。
なに、それでいいのかって? 
いいさ、誰に迷惑をかけているわけでもない。
だってそうだろ?
探偵はもう、死んでいる。
【電子特典!書き下ろし短編付き】

パートナーのコメント

  • 綾乃

    綾乃
    名探偵に死なれちゃった、助手の主人公くん……もう、プロローグで明かされたこの切ないお話だけで、物語の中にのめりこんじゃったな。

    けど、このお話はただ切ないだけじゃ全然終わらないんだ。新しい探偵や依頼人たちとのコメディもあり、人間ドラマもあり、世界に潜む裏組織との戦いもあり! その全部に、死んだ名探偵の遺志が垣間見えるのが、またぐっと来ちゃうんだー。

    爽快で、笑えて、時には泣けちゃって……うぅ、一言じゃとても言い表せない! けど、とにかくすっごく素敵で魅力的な、探偵と助手の物語だよ!
  • つむぎ

    つむぎ
    ミステリー、恋愛、異能バトル、SF。どの分野でもあってどの分野にもくくりきれない、その型破りさがすごく気持ち良いんです!

    示された謎をドキドキしながら解いていたかと思えば、女の子と甘く触れ合い、さらには人智を超えた異能と激しく戦って……目まぐるしく分野が移ろいながらも、その全ての良さが違和感なく混ざり合っていて、読めば読むほど不思議なまでにワクワクさせられちゃいますよ。

    形や縛りにとらわれない、まさにライトノベルというジャンルの集大成のようなこの物語、ぜひ楽しんでみてください!

みんなのラノベまとめ

  • ただの「ミステリー」ではない作品
    SoLs/LighsoRが作成したまとめただの「ミステリー」ではない作品で紹介されています。
    9
  • お気に入り
    Tomoが作成したまとめお気に入りで紹介されています。
    2
  • らぃを
    らぃをが作成したまとめらぃをで紹介されています。
    2

みんなからのレビュー

  • よっち

    完全無欠に巻き込まれ体質で天使のように美しい探偵・シエスタの助手だった君塚君彦。その探偵と死に別れ高校生になり、日常というぬるま湯に浸っていた彼が一人の少女と出会う物語。ひとを探してほしいという依頼を持ってきた同級生・夏川渚、三十億のサファイアが盗まれるのを防いで欲しいというアイドル・斎川唯、そして探偵のかつての弟子・シャーロット。彼女たちと出会いが探偵の死によって止まっていた君彦の時間を動かし始めて、この一冊自体がまるごとプロローグでしたけど、彼らがこれからどんな活躍を見せてくれるのか今後に期待ですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • くんぴー

    「お客様の中に、探偵の方はいらっしゃいませんか?」このセリフから始まる物語はどういうものなのか想像つかなかった。タイトルも探偵が死んで今はいないということしかわからず、新人賞受賞作品ということで読んだ。今は亡き、シエスタの心臓を持つ夏凪とシエスタの助手として三年のときを共に過ごした主人公。人造人間がいるSPESという組織に突如狙われながら事件を解決していく。そして仲間を増やしながら、仇敵と決着をつける。最後心ははシエスタ、見た目は夏凪という状態で再会を果たし、そして最後の別れをした。今後どのように物語が 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    タイトルで気になっていたので購入。こういう感じの話の展開のなのね。かつて名探偵の助手だった君彦は三年もの間、彼女と目も眩むような冒険劇を繰り広げていたが、突如として別れが訪れ一人生き残った君彦は日常に浸っていたのだが・・・な話。初っ端の一文の掴みがインパクトあったし全部がシエスタの手の上で踊らされていた感じだな。彼女の遺志を継ぎ悪を打倒する為、彼と彼女達はどう立ち向かっていくのか楽しみだな。君彦とシエスタの軽口を叩きながらアクションシーンが個人的に一番好きな所だな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みやしん

    メインヒロインが既に死亡しているという異質な物語。主人公はその助手であり、新たな相棒と共に行く先々でトラブルに巻き込まれる。故に探偵要素が薄れていった事と、強ヒロインに対し悪役が小物だったのが惜しいが、敵組織の不気味な巨大さとこれからどう戦っていくのか。いずれもキレているその他登場人物の顔見せ要素が強いが今後「とりあえず女キャラ出しとけ」にならないよう願う。バトル描写が雑なものの、ヒロインの二重人格風設定の面白さと作中会話の軽妙さで、これがデビュー作とは畏れ入る。これから楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    名探偵と言われていたシエスタが物語が始まる前に死んでいることが明かされいるところから始まる。タイトル、設定で意表をつき。中身は真っ直ぐで様々なジャンルを含めていて、好きなことを詰め込んでいるのが伝わってきて、良いですね。とりあえず、どう物語を続けていくのか興味深いです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/11/25
  • 定価
    640円+税
  • ISBN
    9784040641966

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル