シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの!
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの!

家に帰れば、君がいる。忙しすぎる貴方を癒やす、押しかけ甘々コメディ。
著者: 旭 蓑雄 (著者) / なたーしゃ (イラスト)
シリーズ:シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの!(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

お隣に引っ越してきたシノさんは、なぜだか知らないがワーカホリックな俺の世話を焼こうとしてくる。部屋に押しかけてきては温かくて美味しいごはんの用意、汚れ一つ見逃さない掃除洗濯。あまつさえ、膝枕に添い寝まで……。

「あの、シノさん、そろそろパソコンを返して欲しいんですが」
「家で仕事なんてしちゃ駄~目。拓務は何もしなくていいの! 私にだらしなく甘えて快楽を貪っていればいいんだから」

 とにかく仕事がしたい俺にとっては厄介者でしかなかった。だけど最近、シノさんの待つアパートに帰ることを、どこか楽しみにしている自分もいて……。 
 仕事がしたい天然社畜と、甘やかしたい彼女の甘々攻防コメディ。

みんなのデータ

  • 12
    評価する
  • 23
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【電子書籍】IT企業に勤める堂道拓務は、終電で帰宅する日々を送ることに疑問を抱かない重度のワーカホリック青年。ある夜帰宅すると、自宅の前に隣に引っ越してきたという金髪ツインテールの美女の姿が。シノと名乗る彼女は何とかして拓務に仕事をさせず、自分に甘やかされるように迫ってくる!シノの目的は?拓務の身に何が起ころうとしているのか…。”はじらいサキュバス”シリーズに続く、旭蓑男氏による新規ラブコメが開幕。こういう甘やかし系ラブコメにはとても癒やされます(自分、疲れてるのか…?)。ぜひ続編を読みたいですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★☆ ある日、労働こそが史上の喜びだと感じているワーカホリックな堂道拓務のアパートの隣室に他人を甘やかすことを生きがいとする美少女・シノが引っ越してくる。彼女は拓務の部屋に毎日押しかけ、温かく美味しいご飯を用意し、汚れ一つ見逃さない掃除洗濯までこなしてくれる。とにかく仕事がしたい拓務にとって常日頃から彼をあまやかそうとしてくる彼女の存在はある意味で天敵であったが、だんだんとそんな彼女がいるアパートに帰る毎日が楽しみになり始めて…ー 前作の「はじらいサキュバス〜」を読めずじまいだったので代わりに購入→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • スズ

    労働に快楽を見い出すワーカーホリックの社畜堂道と、そんな彼を堕落させる為にやってきた甘やかしのプロである怠惰の悪魔のシノが紡ぐ甘やかされない甘やかしたいという相反する両者の日常を描いた甘やかし物語。前作の『はじらいサキュバス』シリーズと世界観を共有しているようで、前作に登場した七つの大罪を司る大悪魔色欲様と同格である怠惰様に仕えるシノの甘やかし術が中々通用しない筋金入りの社畜根性に手を焼くシノが可哀想でありつつも、彼のお世話をするのは嫌ではない様子が伝わってきて良い。私なら数日で怠惰の海に沈むこと必至です 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    ワーカーホリックな主人公と人を怠惰にさせようと甘やかしてくる悪魔とのラブコメもの。こんな感じに甘やかされるのなら是非ともお願いしたくなるレベルだったわ。拓務は仕事が生きがいでどうやっても仕事がしたいという設定なんだけども個人的にはその性格が合わん買ったな。仕事なんて自身の趣味にお金かかるから働いてるだけあって、そちらをメインに持ってくる人はそんなおらんやうと思いたい。結構ぐらついている主人公が見受けられるがどうなる事やら? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • MERLI

    この厳しい現代社会を生きる一人の人間として言わせてもらうと、彼女のような怠惰を与えてくれる・甘やかしてくれる人間は喉から手が出る程欲しいものです。物語の主人公は仕事大好き人間のようですから、その魅力に全く気付いていないんです。なんと、もったいない…。彼女が与える怠惰が彼の仕事より上回ることがあるのか、物語が続くのであれば是非読んでみたいものです。そして私はこういう物語を読んで仕事に励む所存です、甘やかしてくれる人居ないけどねっ!! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/10/10
  • 定価
    671円(本体610円+税)
  • ISBN
    9784049128536

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK