七つの魔剣が支配するIV
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

七つの魔剣が支配するIV

運命の魔剣を巡る魔法バトルファンタジー、待望の第4弾!
著者: 宇野朴人 (著者) ミユキルリア (イラスト)
シリーズ:七つの魔剣が支配する(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 新入生の季節を迎えたキンバリー魔法学校。オリバーたちも二年生に進級し、苛烈さを増す授業や日常の中で、魔法使いとしての現実に直面していく。
 つかの間の休息を魔法都市ガラテアで過ごすことにした6人。魔法の絨毯に乗り、買い物や名物料理を楽しみ、魔法生物のお店を覗く。そんな穏やかな夕食の席でキンバリーと対立関係にある、フェザーストン魔術学舎の生徒たちと激突することになり──。
 さらに、シェラの父であり、ナナオをキンバリーに迎えたセオドールが現れ、ナナオと話がしたいと誘う。この街には「人斬り」が出ると言うセオドールに、真意を測るオリバーだが──。

みんなからのレビュー

  • 海猫

    魔法学校を舞台としたシリーズの、二年生編開幕。今回は主人公らグループの日常編的な場面が多く、シリーズ全体の流れから考えると小休止パートというべきか。1巻の頃を思えばこの6人組も結束が固くなったもんだ。そのへんの成長の描き方がさり気なく上手いので、日常描写を読んでいても、なにげに楽しい。といっても見せ場になる場面も当然あって、ナナオ対人斬りの剣の闘いや、終盤の箒競技の空中戦など、場面は短いながらもピシリと引き締めてくる。各人物これからも成長するだろうし、オリバーがいつ仮面をつけてダークに行動するか気になる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    新入生の季節を迎えたキンバリー魔法学校。オリバーたちも二年生に進級し、苛烈さを増す授業や日常の中で、魔法使いとしての現実に直面していく第四弾。つかの間の休息を魔法都市ガラテアで過ごす6人の様々な経験や名物料理、そして対立関係にあるフェザーストンの生徒たちとの激突、そしてシェラ父との邂逅。1年で彼らの立ち位置や評価も確実に変わっていて、絆を育む彼らの関係にも変化の兆しがあって、それぞれが抱える想いと複雑に絡み合う宿命が何をもたらすのか、飲み込まれないように最後まで踏みとどまって乗り越えて欲しいですね…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 虚と紅羽

    なんか表紙とカラーイラストに違和感が、と思ったら成程緑だからか。 今巻は箸休めの側面が強い。次に繋げるための前提を入れる為に一年での成長を混ぜこみつつ、それぞれの向かう先を暗示している感。だから帯の文句ほどVS人斬りの場面は少ない。寧ろ人間関係の変化というか、魔術を扱う物として、そこにキンバリーの校風も相まって友情だけではいられなくなってきたのが寂しい。 限定リーフレットでの糖度の高さとオリバー&ナナオ(+チームメイトという名の冷やかし)の夫婦漫才は必見。というか箒競技界ではもはや夫婦認定されている。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    さて今巻から二年生になったオリバー達の物語がスタート。オリバーやナナオに限らず、六人全員にとってより深まった魔に対する心構えを試しているような巻だった様に思えました。その心構えの部分でも、二年生になった分鍛えられた部分もあればより脆さも鮮明になってきた感があって興味深く読めました。そんな中でオリバーに対するナナオやシャラにカティの心の揺れ動きも見て取れて、そこも良かったかなと。そしてオリバーの復讐も再び動き出して…。次巻でそういった水面下にあるものがどう動き出していくのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • どんぐり

    2年生編スタート。普通の学園生活とダークサイドのバランスが程よく配置された4巻。第二魔剣の使い手はこの人かと。次の標的も決定、次巻は冒頭からダークサイドですかね。シェラが何だか手練れだったんですな。前半、カティに抱きしめられる、魔に呑まれる事すら予感させるナナオと最後に正面からオリバーに抱きしめられ無邪気に喜ぶナナオの対比が面白い。既にナナオは周囲から見てもオリバーの嫁なのね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/10/10
  • 定価
    650円+税
  • ISBN
    9784049127898

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル