邪神任侠 家出JCを一晩泊めたら俺の正気度がガリガリ削れた
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

邪神任侠 家出JCを一晩泊めたら俺の正気度がガリガリ削れた

俺は一人の少女を拾った――日常が崩壊するきっかけであることを気付かずに
著者: 海野しぃる (著者) / もんぷち (イラスト)
シリーズ:邪神任侠(NOVEL 0)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

薬剤師・香食礼次郎が助けた美少女・クチナシ。ただの同情心から関係が始まったふたりは、しかしそれぞれが触れたくない過去の因縁を喚び起こし、世界の暗部で蠢くモノたちの真実へと踏み込んでいくことに――

みんなからのレビュー

  • sin

    余談だがJR松阪駅に面した商店街に小濱書店と云う小さな本屋さんがあって、その本棚の一角にクトゥルフ関連本が集められていて、そこで手にした。所謂、変調『姉なるもの』だ。少女を拾って連れ帰り、愛が芽生える…ロリオタの思考でしかない設定だが、好意的に捉えるならそこも含めて邪神との遭遇により狂気に捕らわれての仕業か?そして何故に任侠と思ったが、作者の悪乗り?薬剤師にヤクザ、または狂気に侠気と掛けたは大喜利か?とは言うものの物語は一貫性があり、最後までとっちらかることなく良くまとめていると感じた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • HANA

    クトゥルフ系話。家出をしていた少女を保護したことから始まる日常とは別の話。あまり見ない組み合わせで結構面白かった。クトゥルフ系はよく知らないけれど知らなくても楽しめた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 水無月冬弥

    海野しぃる先生(@Sealder_SAN)の #ラノベ 帯に現代異能バトルとかかれてニヤニヤするけど、どちらかというと菊池秀行や朝松健っぽい伝奇ものでした。薬学で挑むってところこと狂気の描写がよかったですねえ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シャル

    web版は既読。しかし内容的にはだいぶ変わっている。行き倒れの少女クチナシに『喰われる』ことから始まった日常の終わりと狂気の日々。少女と共に彼女の正体を探り、街で起こる失踪事件を追いかけるうちに、非日常へと足を踏み入れ、禮次郎の過去が彼に牙を向き始める。そしてそれに対抗すべく、彼は日常でも裏の世界『任侠』へと流れていくこととなる。どこまでが正気でいつから狂気だったのか……。クチナシを守り、眼の前の狂気と戦い、様々なことに躊躇のなくなっていく禮次郎の変化の様子がなんとも恐ろしい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • はつかねずみ

    クトゥルフ神話に初めて触れる人が手に取ったらかなり勘違いしそうな内容だけど、昨今増えてると聞く邪神を退治する系のCoCプレイヤーには向いてそうなクトゥルフ神話もの。 敵味方両方に邪神がいるのでわかり難い部分も多いし立場がいろいろとぶれるけど、神性との戦い方は科学的で、クトゥルフ神話的な戦い方ではないものの現実的で良いと思う。 まあ、流石に一日でできる抄訳・死霊秘法とか一部ご都合感が見え隠れしてるのは気になったかなとも思うかな……。 後、エンディング辺りの狂気に囚われてる感じも非常に好みでよかったな。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/03/15
  • 定価
    680円+税
  • ISBN
    9784042560692

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル