落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国 12
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国 12

大ヒット戦乱ファンタジー第12弾!
著者: 舞阪洸 (著者) / よう太 (イラスト)
シリーズ:落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

山道を越えてルルドルブの街を目指していたナーガたちは、砦を目前にして、背後から野盗の襲撃を受けた。加えて、セレナの天眼により、前方から砦を目指して進軍するルルドルブの兵達が迫っていることがわかり、完全に退路を断たれてしまう。前門の虎、後門の狼の状況下でナーガが取った行動は、起死回生の一手となるか――!? その頃半島では、カサンドラ四世が「打倒魔女」を掲げ、都市国家にナーガへの叛逆を迫っていた。魔女と人とが共存する理想の世界を目指すのか、それとも半島を人の手に取り戻すのか。ナーガとカサンドラ四世の双方に大恩のあるリガヤもまた、己の道を決める時が近づき――。大ヒット戦乱ファンタジー、空前絶後の第12弾!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • サケ太

    遂に完結。この経験を踏まえて信長は元の世界でやぼうをたっせいしたのであったまる。嫁さんが納得の可愛さ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みどり

    やっと完結した。けど最後に来てやっつけ仕事的な感覚も否めない。もともと、数冊前から12巻で完結するようなことをあとがきで書いていたのでボリューミーは12巻になると思ったけどあっさりしすぎ。今後の魔女の国ほうのスピンオフとか出してほしい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ご主人様見習い

    完結。あっさり元の世界に戻ったな。ハーレム展開だったけどひとりだけをお持ち帰り。異世界での経験を活かして天下統一していったというパラレル世界の結末。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Abercrombie

    ○ リガヤがお市代わりなんてがっかりだがっかりだ(´・ω・`) 最終巻って割に前半はどうでもいいことがだらだら。後半は急ぎ足で一気に。ナーガのその後より異世界の未来のほうが気になる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ラノベ大好き

    完結。最後まで面白かった。最終的に選ばれた嫁は個人的には納得できたし可愛いかったしで満足。ナーガがとうとう最後に手を出したとこの挿絵が眼福。選ばれなかった他の子たちと離れちゃったのがちょっと残念なのは仕方ないか。何にせよ好きな作品だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/10/25
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784040692920

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK