我が名はヤマモト
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

我が名はヤマモト

タイラーとヤマモト。後に修正のパートナーとなるふたりの若かりし頃の出会いを描いた物語。
著者: 吉岡平 (著者) / 平田智浩 (イラスト)
シリーズ:宇宙一の無責任男シリ-ズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ああ、輝ける青春の日々、惑星連合宇宙軍髄一の堅物ヤマモトにもやっぱりあった、嬉し恥かし学生時代。めでたく士官学校男子寮第六百六十六代寮長に選ばれたヤマモトは燃えていた。来月、銀河産業大学とのソーラーディンギーレースが行われる。たかが学園祭の出し物とはいえ、民間の、しかも三流大学相手なら「勝って当然、負ければ軍の恥」。そう、彼は知るよしもなかったのだ。その三流大学にこそ、ヤマモトの終生のパートナーとなるはずのあの男がいることを。宇宙に名だたるゴールデン・コンビの真実の出会いが今、明かされる。表題作『我が名はヤマモト』ほか2編を収録。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 二分五厘

    1996.3.3 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひびの

    キサラとキクチヨのコンビはいいなあ。キクチヨがどこかイラッとさせる良い子なのもいい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK