勇者は、奴隷の君は笑え、と言った
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

勇者は、奴隷の君は笑え、と言った

涙腺崩壊必至! これが「男泣きファンタジー」
著者: 内堀優一 (著者) / エナミカツミ (イラスト)
シリーズ:勇者は、奴隷の君は笑え、と言った

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

烙印の子として虐げられて育った少年ヴィスと、かつて世界を救った伝説の勇者グレン。その出会いが、欠落した少年を一人の強き戦士へと導いた。これが「男泣きファンタジー」!

みんなのデータ

  • 2
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 佐島楓

    虐げられることを前提として生きてきた少年と、勇者との物語。もうちょっと少年の心情や成長がはっきりわかるように書いてくれると、惹句のとおり感動的な展開になったのだと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    烙印の子として奴隷のように育った少年ヴィスとかつて世界を救った伝説の勇者グレン。そんな二人が魔族に奪われたヴィスの恩人を取り戻す旅に出るファンタジー。幼い頃からの虐待で様々なものが欠落したヴィスと彼に目をかけるグレン。そして彼に唯一の正義を教え聖女に選ばれた恩人に起きた事件。魔法使いの少女ニーニらと出会ってからのズレた噛み合わない会話が印象的でしたが、魔王復活を目指す魔族や皇国などの思惑が交錯する展開で、様々な出会いと別れを経て少しずつ変わり始めたヴィスの旅が今後どのようなものになるのか続巻が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • HANA

    奴隷のように虐げられる少年と元勇者の話。少年が失ってしまったものを取り戻す話でありつつ、元勇者の行動に良さを感じつつ。強さというのも色々あるんだなぁなんて思いながら凄く良い話。面白かった。次も楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    奴隷のように育った少年と伝説の勇者が、少年の大切なものを取り戻す為旅に出る物語。―――笑えよ笑え、涙ではなく笑顔を。割と高速で一気に駆け抜けるこの物語、だが根底にあるのは重厚で骨太で王道な物語なのである。大人が子供を導く物語でもあり、大切なものを持たぬ少年が、少しずつ人間へと成長していく物語でもある。様々な者達の多様な思惑が交錯する中、出会いと別れを繰り返し少年はまた歩き出す。その心に、勇者からの教えを抱えて。彼の旅路はこれからどんな道になっていくのか、そして道の先にあるものは。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    奴隷として生まれてきた少年と、聖霊に後継者を作るためだけに生き返らされた勇者の出会いと再生の物語。余りに酷い奴隷制度だし、こんな制度ひかれている理由もさっぱりわからなかったのですが、後半理由が明かされてすっきりしました。ただ、主人公が基本壊れてしまっているので思ってたより悲壮感は無い物語になってますね。ただ最後の別れの部分は好きでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/03/15
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784042560418

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK