時空のクロス・ロ-ド 3 バ-スディは永遠に
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

時空のクロス・ロ-ド 3 バ-スディは永遠に

「答え」は、異世界〈パラレル・ワールド〉にあった― 『時空のクロス・ロード』感動のシリーズ完結編!
著者: 鷹見一幸 (著者) / あんみつ草 (イラスト)
シリーズ:時空のクロス・ロード

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「俺は花美を助ける事が出来なかった。そして父は僕を助けてくれなかった」小学校4年生の夏、幼なじみの少女・花美を助けようとして一緒に川に落ちた楠本樟。だが濁流に飛び込んだ父が助けようとしたのは花美だった。しかも生還できたのは、樟ひとりだけであった。「父さん…俺は、いらなかったのかい?」19歳になった今でも、樟はその答えを見つけられずにいた。そんなある日、「答えが欲しいかね」樟の前に謎の爺さんが現れる。渡された不思議な装置。そのスイッチを入れた樟は、崩壊した浅羽野市に転移していた。そしてそこには、死んだはずの花美の姿があった…。遂に動き出す“選ばれし者”。その総攻撃から、樟は花美を守る事が出来るのか。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • Humbaba

    例え一緒にいたとしても、本当の意味で自分を必要としてくれているわけではない。連絡をすれば会いに来て同じ時間を過ごすことはできても、それは単純な時間つぶしでしかない。それしか知らなければ受け入れられても、別の生き方があるかもしれないとわかればそちらを求めることは自然な決断なのかもしれない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ろびん

    薬科大のシーンはアツいですねー。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Humbaba

    自分の父親が,自分ではなくて幼馴染を庇った.そして,その二人はそのまま帰らぬ人となった.親のしたことが間違ったことだというつもりはない.しかし,それでも自分を最も優先してくれなかったという事実は,心に棘となって刺さり続ける. 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Humbaba

    自分の世界では父親が守ろうとして死んでしまった少女.彼女の世界では,彼女の代わりに自分が同じような形で死んでしまっていた.どちらの世界でも交わることのなかった二人が,世界を超えて交わる.彼にとってはその悲惨な世界のほうが,誰からも注意を払われない世界よりも幸福なものに感じられた. 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シリーズ3巻目が一番好きですね。主人公の心理も分かるところあるし、熱い展開も多くて良かったです。1、2巻と繋がってるところがあるからこそですね。完結編というのも納得です。 新・時空のシリーズも読む予定。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2001/09/25
  • 定価
    649円(本体590円+税)
  • ISBN
    9784840218986

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK