ガンヘッド1 銀光の狂獣
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ガンヘッド1 銀光の狂獣

伝説の特撮映画小説版、ガンヘッド誕生篇!!
著者: 會川昇 (著者)
シリーズ:ガンヘッド(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

時は西暦2645年。人類は外宇宙の捜索によりかつて知り得なかった次元の亀裂(ワープホール)の先に居住可能な5つの星を発見していた。その惑星の1つ出雲には日系、アジア系の民族が移住し、全ての統治を“ステーション”と呼ばれるコンピューターシステムに依存していた。ライナー真島はこの出雲の廃虚(スラム)を根城とする第2世代の私設警官。この真島の所に突然、危険な臭いの仕事の依頼が舞い込んできた……。
〈ガンヘッド―プロトゼロを奪え!〉
激しくぶつかる巨大機械(グレートマシーン)、硝煙香る死闘の数々。三十五年の時を経て、初の電子書籍化!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • れるむでふ

    SFだし(だったし)、ハードボイルドぽいし、と言う事でとても好き。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • やきなす

    1989年刊行。SF、サイバーパンク、事始めはこの本だったなあ。スラムに居を構える私設警察官ライナー真島は、あやしげな美女からの依頼を受けて、ガンヘッド強奪と言う危険な”仕事”を引き受ける。ハードボイルドな冒頭、仲間を集う中盤、そして襲撃。凝ったメカニック描写にアクション描写、機械共産主義みたいなSFネタ、血の滾りのままに暴力に飲み込まれていく主人公。今読んでも古びてない。ちょい説明長いけどもね 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK