勇者と魔王が電撃同盟! キッカケは、お互いの恋を応援するため!?
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

勇者と魔王が電撃同盟! キッカケは、お互いの恋を応援するため!?

魔王の側近に惚れた勇者、勇者の仲間に恋した魔王――はたしてどうなる!?
著者: あごバリア (著者) / なつめえり (イラスト)
シリーズ:勇者と魔王が電撃同盟!(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

勇者と魔王が、世界の命運を懸けて最終決戦――だというのに、なんと勇者レイルが魔王の側近ミアに一目惚れ!? そしてなんと魔王ユメも、勇者の親友アーディを好きになっちゃった! もし、このまま相手を倒してしまったら、好きな人とはもう会えなくなる。「なあ、魔王ユメ。俺達……協力しあえそうな気がしないか?」「奇遇だねえ、ボクも同じことを思っていたよ」「「戦いを引き延ばそう!」」こうして勇者と魔王は、好きな人と一緒にいたいがために、手を取り合いましたとさ。めでたしめでたし……じゃないよ! この世界、どうなっちゃうの!? 勇者と魔王がお互いの恋のために手を組む、前代未聞のクロスラブコメディ開幕!

みんなのデータ

  • 5
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    最終決戦で勇者レイルが魔王の側近ミアに一目惚れ、魔王ユメも勇者の親友に好意を持って、好きな人と一緒にいるため二人が同盟を結ぶ物語。惚れた経緯や戦いの八百長描写はあっさりめでしたが、ユメ大好きなミアを好ましく思うレイルが、奥手で可愛いユメの健気な恋をミアたちと一緒に応援するストーリーは、ほのぼのなラブコメがメインながらも損なわれた信頼を取り戻すため真剣に闘いながら語り合う場面もあったりでなかなか良かったです。ブラコン姉など登場するキャラたちも魅力的で、恋を諦めない二人の同盟がどうなるのか続巻に期待大ですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Yobata

    勇者レイルが魔王ユメの元に辿り着き、最終決戦が始まるも、レイルは魔王の側近のミアに,ユメは勇者のパーティの騎士アーディに一目惚れ。このお互いの恋を成就させるため、戦いを長引かせる同盟を結ぶことに…。設定に惹かれて読了。なかなか面白かった。とらドラみたいに協力プレイが本命になるんじゃなく、これは一直線に行きそうだねw互いの恋はレイル,ユメだけでなく互いの好いてるミア,アーディも了解してるので、その好意が直に伝わって動揺してる様が見れていいねw特にミアはもう満更じゃないというかほぼ落ちてるようで→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    最終決戦の中、互いの側近に一目ぼれした勇者と魔王が同盟を組んで始まる物語。何だこの凄く面白い物語は。勇者と魔王が惹かれ合うのではなく互いの側近に一目ぼれ、しかも相手からも中々に好感触でそれぞれの陣営の信頼関係も盤石・・・うん、素直に面白い。互いに惚れた相手を落とすべく知略を巡らし相談し合い、皆で出かけたり暴走して戦い合ったり・・・こんな世界なら案外平和なのかもしれない。今のところ勇者側は割と順調、魔王側はまだこれから、だろうか。恋敵の女性がどんな人物かによって難易度も変わりそうだが。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 藤崎

    あごバリアラノベ参戦と聞いて。内容はまんまタイトル通りで、まおゆう要素に恋愛同盟を足した筋立て。そしてそんなベタにベタを重ねたベッタベタな内容を、キャラの魅せ方や日常展開の流れの良さで盛り上げててまさにベテランの妙技。さらに恋愛同盟だと普通は目当ての相手に同盟のこととか秘密なわけで、それで同盟組んでる2人の接点が増えて最終的にその2人がくっつきました、ってパターンが大半ですけど、この作品その辺隠さないで全員巻き込んでるのは逆に新鮮だと思ってみたり。そんな一捻りと安定感が両立した作品でした。次回も楽しみです 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ホシナーたかはし

    「まおゆう」の派生、よく出来ています。勇者と魔王、お互いそれぞれの恋愛の為に同盟を組み、協力していく。これ電車の中で読んではいけません。最近の下手なエロ小説より過激な描写が入っています。ただ、超ブラコンなお姉さんが出てきたり、テンプレ展開があったり、アーディに〇〇がいる事を伝えそびれて逆切れしても、外堀を固めてからぶっこんでくるので、食傷気味や違和感が少なく感じます。つかレイルとミアよりも、アーディとユメの話の展開が燃えました。次回も出るようですが、あまりダラダラ続かない方が良いかもしれません。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/01/21
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784040680163

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK