化け猫とめまいのスキャット ブギ-ポップ・ダ-クリ-
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

化け猫とめまいのスキャット ブギ-ポップ・ダ-クリ-

死神を探して辿り着いた、奇妙な街の事実とは──。
著者: 上遠野浩平 (著者) / 緒方剛志 (イラスト)
シリーズ:ブギーポップ(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

自由ってなんだろうな? なんでも自分の思うように生きることかな。でもその思ってることが他人の受け売りに過ぎなかったら、そいつは自由な意志って言えるのかな。おれたちが思ってる正しいことって、本当はどれくらい意味がある? ……あいまい(ダークリィ)でよくわからない。人生の意味をはっきり決められるヤツがいるとしたら、そいつは噂の死神ぐらいしかいないんじゃないんだろうか──とある平凡な町を舞台に、統和機構最強のフォルテッシモと、無敵の能力スキャッターブレインが激突する。普通の中学の学園祭を背景に、少女たちと少年が化け猫が歩く奇妙な風景を求めてさまよう。ふたつの相容れない事象が交錯するとき、ブギーポップが指し示す事実とは……?

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 眠る山猫屋

    再読。ブギーポップが〝世界の敵〟と対峙する正統と言えば正統な今回。最強ff(フォルテシモ)の傍若無人な登場から始まる物語は、最強と呼ばれる男さえ翻弄する謎の存在と、四人の写真部中学生たち、両者を結ぶ謎のコスプレ猫を往き来しながら進展する。町全体に仕掛けられた罠はffとブギーポップを撹乱し惑わす。このMPLS(進化した存在?)の目的がなかなか明らかにならないのがもどかしい。オルフェの時のような主体的な敵ではなく、ほぼ受け身な相手は追い詰めるのが厄介だ。それにしても杜旺町リスペクトな町だった(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 神太郎

    今回のお話大きく分けると2つの動きがある。音梨町に住んでいる高校生、輪堂進らが「ブギーポップ」を捜す。 二つ目は、ffが、音梨町に潜入したが突如行方不明になった「セロニアス・モンキー」という合成人間がのこした謎の言葉「スキャッターブレイン」。それなりの実力があった合成人間失踪事件に興味を持ち、音梨町を訪れ調査して行くというもの。上遠野さんが得意の複数視点から物語を描く。痛みを伴う哀愁漂う終わりが胸に刺さり初期のテイストが戻ってきた感じ。「ヴァルプ~」がごちゃごちゃしてる分こちらは変わらぬ老舗の味という印象 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なにがし

    この歳になってもまだ、街中の寂れた雰囲気をみつけては、たまにマイスタージンガーを口笛したりしてしまう、そんな夢の中にずっといる。誰かに見せてもらった夢。今はもう自分の夢。願わくば次の誰かが覗く夢。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Humbaba

    誰もがその到来を願っている平和な世界.その平和な世界を作ることは,それだけを目的とした場合には,もしかしたらそこまで難しくないのかもしれない.閉じた世界であれば,そこに争いは起きない.そして,その世界の外にでない限りは,自分たちの持っている異常さに気づくことはない. 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 光心

    スキャッターブレインの能力がわかりづらかったけど、面白かった。イメージを『定着』させるという能力の結果、フォルテッシモを行動不能にさせたのがイマイチ分からない原因だったかも。 無理に嫌いにならなくていい、ってすごく素敵な言葉だと思った。それがどんだけ偽物でも、その時抱いてた気持ちは紛れもない本物なんだから、それを無理に否定することもない。都合の悪いだけの世界なんてないんだからね。 フォルテッシモさんの名台詞「俺は敵に向かっていったんだぜ。しかも背を向けてな」が読めてよかった。かっけぇよ、あの人w 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/12/10
  • 定価
    671円(本体610円+税)
  • ISBN
    9784048681971

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK