三月、七日。 その後のハナシ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

三月、七日。 その後のハナシ

著者: 森橋ビンゴ (著)

  • Amazon紙書籍

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ツバサ

    アフターっていうか上下巻の下巻といった感じ。この巻が出て良かった。モヤモヤした感情を吹っ飛ばしてくれて読後感は最高です。各キャラが前に進めて良かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ソラ

    半年前、三月は七日に恋をした。実の妹の七日に。今も消える事のない欲望の炎が燻っている。半年前、七日は三月に恋をした。双子の兄の三月に。未だ自分に触れてくれない事を寂しく思う。次第に募る苛立ちを隠せず、孤立していく三月と、戸惑いながらも小さな幸せをかみ締め、順応していく七日。そんなすれ違いの中、七日がある男子生徒から告白され、その真実を知った三月は思いきった行動に―。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サエズリ割津

    面白かった。後日譚。前巻の内容から話がどう転ぶか少し警戒していましたが、全うな恋路を選択したようで、嬉しいような悲しいような。想いを断ち切れずに悶々とする三月と、少しづつ前に進んでいる七日が対照的でした。だけど三月も最後には答えを出して成長したのを感じさせるラストシーンは三月と七日の未来を予感させてくれてとても好み。七日のいつまでも好きなままでいるという言葉にはウルッとさせられた。「東雲シリーズ」や「この恋と、その未来。」で森橋ビンゴ先生を気に入った人なら読んで損はないかと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • イーダ

    三月の不器用さが際立ってますね。七日に対する思いとか、ままならない事ばかり。それでも、良い友人、理解者に恵まれて良かったです。真希は偉い!! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ブロッケン

    ええ・・・一分の隙も見当たらないぐらい良かった。綺麗すぎるし自分の思い描いていた展開そのもの、といった感じだった。なんだこれ。やはり森橋ビンゴ先生は自分に刺さる。特筆すべきは、なんといっても真希の挿絵のシーン。カラー口絵での「もっとーーすんなり...」が本編に出てきた時の印象がガラッと変わると同時に真希が本当に...三月のことを嫌いになりたくないからこその決断、泣ける。最終的に三月と七日はそういう決断をして、真希と結ばれたらなぁ...とか都合いいこと考えてたらまぁそうなってしまった。文句無し。ありがとう。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2004/12/20
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784757721005

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK