紅き月の巫女 ナイトウィザ-ドリプレイ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

紅き月の巫女 ナイトウィザ-ドリプレイ

E-LOGIN誌で好評を博したTRPG『ナイトウィザード リプレイ 紅き月の巫女』ついに登場!
著者: 菊池たけし/F.E.A.R. (著者) / 石田ヒロユキ (イラスト) / みかきみかこ (イラスト) / 日下部敏行 (イラスト)
シリーズ:Special story

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

紅い月の輝く夜―――真行寺命は、“箒”をもって空を駆ける“ウィザード”の少女……緋室灯と出会った。出会いはやがて彼らを、世界を賭けた戦いへと誘う。……真行寺の護り刀“ヒルコ”の継承。衛星軌道上に現出する六本の“柱”。最後の巫女の覚醒。そして―――。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • PERL

    本厚すぎ…。それと詰め込み過ぎたせいでTRPGの描写が無く、リプレイって感じが全くしない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • マエタク

    相変わらずのきくたけワールド全開。笑いあり涙ありの長編。素晴らしい作品でした♪ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちゃか

    エピソード5のエンディングが酷い。まさか味方にとどめを刺されようとは……勢いって怖いといいますか。PC全員がそろっていない状態でのクライマックスとか、結構挑戦してるのかなぁ、とか思いましたが。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • akiu

    2003年刊。声優さんをプレイヤーに迎えてのリプレイという形式はこの辺りから生まれたのでしょうか。数々のギャグは面白いです。とりわけ社長はさすが、という感じ。主人公がゲイっぽいのもいいですね。ただ、5話も収録されててかなり駆け足気味ですし、ひたすらノリとギャグと衝撃の展開の応酬ばかりで、肝心のプレイ部分(ダンジョン探索や戦闘など)がほとんど無いのには戸惑いました。ルールブックが出る前だったからこういう形になっているのかもしれないけど、これは TRPG のリプレイとは呼べないのでは…? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • さくら猫

    テーブルトークRPGのリプレイ。   なれないから若干読みにくいというが、現実と虚構が入り交じって不思議な本。   それなりに面白いですし、色々と参考にはなりましたが、おすすめはしない作品かなぁ(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2003/11/20
  • 定価
    924円(本体840円+税)
  • ISBN
    9784757716377

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK