レンズと悪魔 I 魔神覚醒
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

レンズと悪魔 I 魔神覚醒

片眸の相棒よ、悪魔の能力を我に与えよ――!
著者: 六塚光 (著者) / カズアキ (イラスト)
シリーズ:レンズと悪魔(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

西辺境地から7年ぶりに帰郷したエルバは、謎の闘争に巻き込まれる。父の遺品のレンズが発動する時、その傍らに魔神が立ち上がり告げる――これは宿命だと! 封じられた脅威を巡るデモーニッシュ・ファンタジー!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • かや

    イラストがカズアキ先生だったので手に取ったシリーズ。あとがきにも書かれてあったように某少年漫画雑誌のような熱血小説だった。悪魔や魔人や魔王、そしてレンズの設定や世界観がおもしろかった。登場人物たちも個性豊かで良い。現時点ではテッキ、サクラ、ルナが好きだなぁ。特にルナは表紙、巻頭のカラーイラスト、キャラ紹介のページのイラストが凄く好みでいつでるのかわくわくしてたら以外と終盤まででなくてびっくりした。今回は序章的なかんじで、戦いは始まったばかりなので次巻以降の展開がどうなるのか楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • カザリ

    展開はわかりやすい。次から次へとレベルの低いカラミをされる主人公がかわいそうになる、オープニングから冒頭。50P途中下車。自分の作品を思い浮かべて、セリフと構成をもっと磨こうと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 千円

    ちょっと判断し辛い。舞台はアメリカの西部開拓時代がモチーフ。あとがきでもありましたが、少年漫画的なノリ。設定は、現代の地球と繋がりがありそうだったり、厨二心をくすぐられる感じで好みです。引っかかるのは、キャラの掘り下げが(1巻だとしても)浅い。エルバの動機以外が、ほとんど語られてなく他のキャラの行動に説得力がなくてペラい。小ネタ挟んでくる地の文が、ちょっとウザい。でもまあ、面白くなりそうな気配はするので、次いきます。ヒロイン?のテッキさんには超期待してるし。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 木っ端みじんこ(感想は自分用メモ)

    【2011_021】 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 木っ端みじんこ(感想は自分用メモ)

    【2011_021】 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK