ギルティギアゼクス 白銀の迅雷
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ギルティギアゼクス 白銀の迅雷

著:海法紀光氏、イラスト:石渡太輔氏によって贈る人気格闘ゲーム『GUILTY GEAR X』のノベライズ作品が電子書籍となって復活!『GUILTY GEAR Xrd』シリーズの設定にも影響を与えた作品が、すべてのイラストを原画から再スキャンした永久保存版として登場!!
著者: 海法紀光 (著者) / 石渡 太輔(アークシステムワークス) (イラスト)
シリーズ:Special story

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

西暦2180年―。人類と生体兵器ギアとの闘争は人類の勝利に終わり、あらゆるギアは機能を停止したはずだった。だが、街に清らかな歌声が響き渡る時、その安堵は破られる…。五年ぶりに響き渡るギア出現の警報を告げる鐘に、カイは倫敦へと飛ぶ。その前に現れるは、かつての友と邪悪な影! 今なお大人気の格闘ゲーム、『GUILTY GEAR X』のオリジナルストーリーが待望の復刻!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 与末居

    カイというキャラクターにスポットを当てた話。ゲーム未プレイだと世界観はやや分かりづらいかも。カイも、公職という身分を隠せばただの一般人。ゼクスのBGMを聞きながらだと、より臨場感あるかも。ゲーム本編では見られない、悪の組織側のビジュアル(カラー、挿し絵)が描かれているのがいい。カイやソルの私服もあったりして。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • にのまえとか辺見とか

    最初の文章の流麗さに度肝を抜かれた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 新坂

    最近読み直したのでー。海法さんの小説は一回目より何回か読み直した時の方が面白く感じるのはなぜだろう。カイ=キスクという超人でも、他の誰かと同じように至らない、届かない部分があり、それでも彼が諦めないことにこそ価値があるのだ、というお話です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たねしぃ

    カイを主人公に据えたギルティギアのノベル。話の内容は悪くなかったが、描写がやや分かりにくい箇所が多々見られたのが残念。ヒロインとの交流も尻すぼみ感が否めない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • wadatumi@may

    持ちキャラジョニーが強すぎて吹いた。アレ?これの主人公ってカイ?な感じに戦闘面では見せ場はない人間ドラマ中心でした 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2001/01/20
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784757702769

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK