Re:ゼロから始める異世界生活 21
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

Re:ゼロから始める異世界生活 21

プレアデス監視塔を舞台に、『記憶』と『賢者』と相対する新章第6章開始!
長月達平 (著者) / 大塚真一郎 (イラスト)
シリーズ:Re:ゼロから始める異世界生活(MF文庫J)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

魔女教との戦いが終わり、しかし、深い傷跡の残された水門都市。日常を、『名前』を奪われた人々を救うため、スバルたちは『賢者』の塔を目指して、最果ての地へと旅立つ。魔獣の巣窟であり、濃密な瘴気の漂うアウグリア砂丘。前人未踏の砂の海を越える鍵、それは囚われの『魔獣使い』――。思い出を失った鬼の姉妹、『魔女』の名を名乗る人工精霊。そして、『名前』を失った『最優の騎士』と共に、一行はプレアデス監視塔へと挑戦する!
「目覚めたとき、最初に見る顔が俺であってほしい。――それはたぶん、俺のエゴなんだよ」
大人気Web小説、波乱と挑戦の第二十一幕。――愚かな挑戦者へ、渇いた砂の洗礼を。

みんなのデータ

  • 40
    評価する
  • 21
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 新章に入り久々の死に戻り展開。やっぱりキツい冒険にしかならないんですね。ソコをいかに乗り越えてくれるのか、スバルに期待です。レム復活のカウントダウンか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    魔女教との戦いが終わり、しかし、深い傷跡の残された水門都市。日常を、『名前』を奪われた人々を救うため、スバルたちは『賢者』の塔を目指して、最果ての地へと旅立つ第二十一弾。思い出を失った鬼の姉妹、魔女名をを名乗る人工精霊。名前を失った『最優の騎士』たちと共に向かうプレアデス監視塔に待ち受ける困難。塔にたどり着くまでの絶望的な何度もの死に戻りが久しぶりというか何ともしんどい展開でしたけど、その中でスバルに訪れた変化の兆しとか、最後の展開がいろいろ気になりました。レムたちきちんと元に戻れるといいんですけどね…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かんけー

    読了♪遂に始まった第六章♪表紙の姉樣とレムりんの2ショットが嬉しく感涙!冒頭、ユリウスのモノローグから入るも?スバルは複雑な胸中で。久し振りのロズワール邸での心休まる描写にホッコリ♪ペトラの乙女心はスバルの想像じゃあ追い付かない次元だから???の連続に苦笑(^_^;)ロズワールは相変わらずだけどwスバルとエミリアも慣れたもんで、ベアトリスも挟んで?各人の想いの衝突が読んでてとても心地善い(^.^)スバルのレムに対する想いの深さに今更ながら共感する♪中盤以降、緩やかだった展開も賢者が居ると言う監視搭を→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シルビー

    6章開始。今回は賢者に会うための目的地、プレアデス監視塔にたどり着くまで。これまで章の開始数巻は準備運動みたいな内容でしたが、今回は最初からフルスロットル。なんと今回だけで3回も死亡。特に瘴気による殺し合いの場面は読んでてきつかった。スバルを師匠と呼ぶ少女が現れたところで終了しましたが先が気になりますね。幕間のガーフィールの話は本編の過酷さの癒やしでした。あとラムの毒舌が久々に聞けて満足でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    第六章開幕、水門都市での戦いにて発生した様々な問題を解決するべく、スバル達一行は記憶を奪われたユリウスや同様に眠ったままのレムを連れてアウグリア砂丘にある「賢者」の塔を目指すが…と言うお話です。まだ始まったばかりだと言うのに中々ハードな展開で面白かったです。そんな中でもスバルやラムやユリウスなどが弱い所を見せながらも「塔」への攻略を進めていく所は良かったかなと。そして「賢者」との対面にて発せられた言葉の意味は…、次巻も楽しみです。幕間のガーフとミミの話も色んな意味で癒やされてとても良かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/09/25
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784040640068

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK