ミリオン・クラウン 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ミリオン・クラウン 5

竜ノ湖太郎が放つ新シリーズ第五巻、新章開幕!
著者: 竜ノ湖太郎 (著者) 焦茶 (イラスト)
シリーズ:ミリオン・クラウン(角川スニーカー文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

王冠種・大山祇命の討伐を達成した一真達。束の間の休息を得たかに思われたが——しかし、龍次郎の帰国、中華大陸連邦やEU連合の来日、そして那姫とのデートなど息つく暇もなく!?

みんなからのレビュー

  • しぇん

    デートの休憩回かと思っていたらEU連合が現れたり龍次郎氏登場したりと物語は順調に拡大中でした。中華連邦が相変わらず良いキャラはさてましたが、最後に真の敵が遂に姿をあらわす激動の展開に持っていかれてしまいましたかね?王冠種との戦いも一つにつき一巻以上はかかりそうだし、良くも悪くも、まだまだ物語は壮大になっていきそうです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ユウ@八戸

    九州での戦いを経て、デート回。いやデート回と呼ぶにはそこにいたるまでが長いですが。いつもの戦闘多めのノリながら、たまに挟まるコメディ感が楽しい。王総統、いいキャラしてるよね。戦いと仕事ばかりのふたりのデートも、ほほえましいものでした。しかしだからこそ、この引きは…いや王道ではあるんだけど…。那姫の過去との対峙が始まり、物語は佳境になるのかな?ラストエンブリオとの共通点もまだありそうだし、今後も目が離せません。ただ絵師さん今回クオリティ酷いけどどうした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    九州での死闘の後、一真と那姫のデートが迫るがそうはいかないとばかりに波乱が次々起きる今巻。―――日は高く上り訪れるは平穏、されど日はまた。 本気すぎるデートが微笑ましかったり、曲者達が絡んできたり、一真のあるぽんこつな部分が判明したり。そんな次の戦いへの序章、戦いの前の戦士の休息となる今巻。世界は壊れどここにある日々は変わらず、そんな当たり前の日常が貴重でその温かさが沁みる巻である。日は沈み、夜の帳が連れてくるのはいつの日か耳にしたかの蛇の名。あの強敵に一真達は勝てるのか。 次巻も早く読みたいものである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    息抜き日常回かと思ったら、最後に…!やっぱりすんなり終わらない。引きが気になり過ぎます。やはり気になるのは一真の過去が鍵になりそうだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★☆ とりあえずお試しでデートしてみようか、という安易なものではなく那姫も一真もガチでデートに意気込んでいてその真剣度にはビビッた。二人ともマジじゃないか。二人のデート話を中心に龍次郎氏の帰還、日常に合わせて周りの面々の掘り下げ、とようやく落ち着いて周りの環境は人たちを見回せたのは良かった。時の異邦人である一真にとっても戦う理由の再確認でありましたしね。一方で、中華連邦の人たちの頼もしさとは裏腹に、ついに人間側の本当の敵役登場。またぞろ情報操作得意な輩かー 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル