ぼくたちのリメイクVer.β
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ぼくたちのリメイクVer.β

このラノ2年連続トップ10入りの人気作、スピンオフ企画始動!!
著者: 木緒なち (著者) えれっと (イラスト)
シリーズ:ぼくたちのリメイク Ver.β(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

僕、橋場恭也はしがないゲームディレクター。会社が倒産し、企画もとん挫して実家に帰ってきたが、目が覚めたらなぜか十年前に……戻ることもなく、偶然が重なり大手ゲーム会社、サクシードソフトに拾われることに。配属されたのは第13開発部。そこは開発とは名ばかりで実際は社内の雑用を担うサポートのような部署だった。クセの強い同僚だらけのそこで僕はとある没企画書を見つける。それは実現が難しいとして没にされたものだったが可能性に満ちていて――。「好き、だったんですけどね……。ゲーム、作りたかったな」「なんとかしよう、なんとかするんだ……っ」いま、ここからもう一度始める青春やり直しストーリー!【電子特典!書き下ろし短編付き】

みんなからのレビュー

  • むっきゅー

    素晴らしい!好きなタイプの作品です。10年前にタイムスリップせずに、そのまま現代を生きる橋場の外伝的物語。4巻同様に河瀬川と同じ会社に勤務することになるが、配属されたのがごみ溜めのような職場、第13開発部。そこから這い上がるストーリー。本編同様に、もの作りに対する熱量がマックスなのはいい。しかし、社長の一人息子たる常務、こいつはヤバい。HxHのパ○ストンのような底知れぬ怪物。そんなのを相手に橋場はクリエイター魂を失わずに職務を全うできるのか。次巻に期待です! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    会社が倒産した橋場恭也が偶然河瀬川と出会い、サクシードソフトのお荷物部署・第13開発部に拾われるもう一つの物語。どういう展開になっても恭也に絡んでくる河瀬川の使い勝手の良さというか、ヒロイン力みたいなものを感じる展開でしたが、雑務ばかりの第13開発部を業務改善して時間を作り出し、同僚理都子の企画アイデアを活かしながら仲間のやる気に火をつけ、企画を何とか成立させるべく奔走する恭也の場所を選ばない有能ぶりと、諦めない想いが熱いルートでした。しかし立ちはだかる常務もなかなか強敵で、これはこれで今後が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ヨシキ

    【電子書籍】もし橋場恭也が10年前に戻らなかったら、彼はその後どんな人生を送っただろう。そんなあり得た別ルートの物語。勘違いが結んだ河瀬川英子との縁でサクシードソフトに再就職した恭也。開発部門とは名ばかりの総務課的業務をこなす日々の中、同僚の桜井理都子が書き貯めてきた企画書に磨けば光る原石を見つけた恭也は動き出す…。本編とは異なる登場人物が織りなす、本編とはトーンの異なるエピソードはとてもワクワクしました!本編とのリンクもあるようで今後の展開が楽しみな作品です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    もしあの時過去に戻らなかったら… これはそんなIFの世界を描いた番外編。学生には学生の良さ、社会人には社会人の良さがある。無職のプー太郎から大企業の処刑部屋と呼ばれる窓際部署に配属となり、そしてそこで熱いクリエイター魂が炸裂する。権力闘争だとか、現実の世知辛さだとかそういった社会人に突き刺さるモロモロをぶっ飛ばそうとする恭也の手腕と根性を思う存分に楽しませてもらった。正直本編よりもこっちの方が好きかもしれない。河瀬川が完全にヒロインなのもポイント。今後は社内のドロドロとラブコメを同時に楽しめそうな予感。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    会社が倒産し実家に戻ってきた恭也。10年前に戻るわけも無く職探しに難航していたが偶然にも河瀬川と知り合いになりサクシードソフトに途中入社する事となるのだが...な話。スピンオフで戻らなかったルートということで恭也が社会人として頑張ると言う事なんだが配属された部署は癖の強い面々ばかりだし会社の暗い部分が出されていて共感も出来るが地味にツラかったな。恭也は恭也のまんまで読んでいて安心できるわ。社会と言う抗いにくい環境の中、恭也はどう乗り越えていくのか本編も楽しみだがこちらも楽しみな作品だわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/08/24
  • 定価
    620円+税
  • ISBN
    9784040659206

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル