妖精狙撃 エルフ・ウィズ・サイレントアサシン
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

妖精狙撃 エルフ・ウィズ・サイレントアサシン

エルフの狙撃手と記憶喪失の青年のスナイピングファンタジー!
著者: 榊一郎 (著者) 森沢晴行 (イラスト)
シリーズ:妖精狙撃(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

厳重警備の中、妖精族の姫を撃ち抜いた一発の弾丸。「悪い妖精は死体になるお時間です。にひ」妖精族を専門に狙う殺し屋——妖精刈り。その正体は狙撃銃〈サイレント・アサシン〉を持った妖精の少女だった!

みんなからのレビュー

  • まっさん

    ★★★☆☆ 天敵の絶滅や医療技術の向上の結果、より永い時を生き永らえることが可能となったエルフ。そんな生き方がエルフから道徳心などのような感情を奪い取ってしまうのは至極当然のことであった。他者を慮る気持ちを失った彼らの多くは奴隷売買や麻薬製造などの違法な行為に手を染めてしまう。そんな彼らを専門に狙う殺し屋・妖精刈り。その正体は異界から持ち込まれた狙撃銃を扱うエルフで…ー 基本的に高潔なエルフを悪役に置く発想は面白かったし、エルフがそういった性格になってしまった理由をきちんと用意しているところはとても好感→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 草薙香里

    うーん最近の榊作品は女の子が性的にアピールしてるのが多いなあ…たまにはそれ以外も読みたいな。エルフって悪役よりは良い者の面が強いですが、これはブラックなエルフだねぇ…!面白かったです 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    現代の地球と似た異世界との交流の果てにバランスが壊れてしまった世界を舞台に記憶喪失の普人ユーゴが妖精のアグネータと妖精族専門の殺し屋「妖精刈り」として活躍するダークファンタジー。天敵がいなくなり、心を失った妖精を依頼を受けて暗殺する展開はどこか懐かしく、ただの勧善懲悪になっていないのはユーゴの心情が語られるからだろう。二人を追う警士コンビの存在は後日談とともに処断された者たちの罪状を語る役割であり今後は物語に深く関わってくるのだろう。お互いをきちんと認識していない二組が交錯することになるのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    エルフの女の子が銃ぶっぱなす話。古来より女の子には銃をもたせるものだしな。それは狙撃銃じゃなくて機関銃か。あまりの長命に生きる者としての倫理観をなくしてしまうというのは納得できる設定だった。悪となった同族を撃ち殺すのはダークファンタジーだが、キャラ的には割とコメディ寄りな部分もあったので、どっちかに絞ったほうが良かったかも。榊さんはどちらかというとハードボイルドな印象なので特に。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    異世界と繋がり世界を巻き込んだ争乱が長く続いた世界で、外道なエルフ達を青年とエルフの少女が射殺していく物語。―――照準の先には鬼、躊躇う事なく引金引いて死に還せ。正に真っ黒、心を忘れた鬼共がのさばる世界でその手を血に染める事を厭わず引き金を引く。かなりハードで容赦ない世界観の中で信念も持たず引き金を引く、重さと苦しさ。入念に調査し決める一撃必殺。銃弾と血が舞い踊る独特の鉄臭い味のする物語であり、昨今の軽い物語に飽きた読者様には是非お勧めしたい、一周捻って面白い物語である。 勿論次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル