あの日、神様に願ったことは 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

あの日、神様に願ったことは 2

一年に一度、願いが叶う町を舞台に繰り広げられる青春ストーリー、第2弾!
著者: 葉月 文 (著者) / フライ (イラスト)
シリーズ:あの日、神様に願ったことは(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 白い神様に課された試練を無事に乗り越え、燈華の願いの先で咲いた奇跡を見届けた叶羽。
 しかし、ようやく訪れた穏やかな日常を過ごす彼の前に現れた美少女、黄金井月泪が“とある小説”を手に告白してきたことから事態は一変して——!?
「あたしも神様から試練を与えられたの」
 どうして願いの花が二つ咲くのか? 一年に一度だけだったはずだろう……?
 未だ胸に後悔を抱き続けている叶羽と、友達をうまく作れない不器用な月泪。そんな二人の交差した願いは、試練を越え、黄金色の奇跡へと辿りつけるのか。
 一年に一度、願いが叶う町を舞台に繰り広げられる彼と“彼女たち”の青春ストーリー、シリーズ第2弾登場!

みんなからのレビュー

  • よっち

    試練を無事に乗り越えた燈華の奇跡を見届けた叶羽。しかし、ようやく訪れた穏やかな日常を過ごす彼の前に、とある小説を手に告白してきた黄金井月泪の登場で事態は一変する第二弾。同じように神様から試練を与えられた月泪。未だ胸に後悔を抱き続けている叶羽と、友達をうまく作れない不器用な月泪に、すっかり正妻感が出てきた燈華先輩やAzureの二人たちも絡めての展開はとても眩しい青春でしたけど、もちろんそのままで終わるはずもなくて、けれどみんなに支えられながら信じて乗り越えた先に待っていた結末にはぐっと来るものがありました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    燈華の試練を無事乗り越え、ようやく平穏を手に入れた叶羽の前に、新たな試練を与えられた少女が現れるシリーズ第二弾。良い。どうしようもないくらいぶきっちょで真っ直ぐな少年少女の一瞬一瞬が迸る青春ストーリーを堪能させて貰った。どこにでもあるありふれた日常の眩しいくらいにキラキラした感じと、どこか幻想感を感じる切なくで儚くそれ以上に美しい青春。この二つが見事に交わり唯一無二の物語に仕上がっていた。友達とは何なのか。みんなで生きるとは何なのか。人生における大切な事を教えてくれる1冊。ラブコメも良い。満足です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    ミラクーティアが紡ぐ奇跡を見届けた叶羽のもとに1人の少女が現れる。それは叶羽の写真を表紙に掲げた小説の作者、ソラウミこと黄金井月泪だった。そして彼女もまた、今はもういない友人との約束を守るため試練に挑んでいた…。不器用に行きつ戻りつ、時には理不尽な悪意に晒されても挑んで辿り着いた黄金色の景色は、想像以上に美しいことだろう。叶羽と月泪の大切な人が一緒というところにミラクーティアの縁を感じます。今後の展開が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    燈華の試練を越え平穏を掴んだ叶羽の前に、新たな試練を与えられた少女、月泪が現れる今巻。―――今ここにしかない一瞬を重ね皆で見つけよ、一等星の黄金の輝き。 試練は終わりを告げず再び始まる。不器用で真っ直ぐな叶羽質が再び試練に挑む今巻。一人じゃ掴めぬものがある、一人だから繋げる手がある。迷って格好つけて遠回り、そんな彼女が気付けたことが新たな花を咲かす巻であり、瑞々しく切なくどこか甘い、幻想に彩られた青春が更に愛おしくなる巻である。花は集まり季節は巡る。熱い季節に咲く新たな想いの花とは。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • りこ

    あのネ第2巻。金髪碧眼の美少女・黄金井月泪をヒロインに据え、年に一度願いが叶うとされる町で青春ストーリーが繰り広げられていく。月泪が求める"黄金色の景色"とは? 前巻同様、文章表現がとても美しく、トワイライトの描写などは特に読んでいるとドキドキしてくるほどだった。また、叶羽の趣味である写真は、これまで一人の作業だという印象が強かったのだが、皆で協力してロール焼きを徹夜で行う場面では、チームものならではのワクワク感がでていたのがおもしろかった。次巻がターニングポイントになる予感がする。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/08/10
  • 定価
    630円+税
  • ISBN
    9784049125726

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル