数字で救う!弱小国家 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

数字で救う!弱小国家 4

「この国を、新たな世代に繋ぐために」。ナオキとソアラは《大戦》に臨む!
著者: 長田 信織 (著者) / 紅緒 (イラスト)
シリーズ:数字で救う! 弱小国家(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

紆余曲折の果てに、契を結んだソアラとナオキ。女王となったソアラは一児の母となり、そしてナオキは王配(女王の夫)としてソアラを助けつつ、宰相としての職務を日々こなしていた。
なぜかちゃっかり宮廷女官長兼ナオキの愛人(女王陛下公認)におさまっているテレンティアが、しっかりナオキとの子を作っていたりするが、それはさておき、弱小国ファヴェールは平和であった。
——そのはずだったのだが。
ファヴェールが所属する国家同盟と、他の諸国連合の関係が悪化。史上最大規模の、『国家連合同士の大戦』が迫る。
次なる世代に国の未来を繋ぐため、ソアラとナオキは、新たな戦いに臨む!!

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    いやもう、「好きにやってくれ!」ですね(PP.180-187)。第2子のご出産も近いことでしょう(戦争しているのにいいのかな?)。前半は、「彼らはあれからこうなりました。」の紹介に当てられていて少し冗長。だけど同盟している諸外国との化かし合いが始まってからが面白い。競う相手とはソアラとナオキの思考パターンが元より違うので、必ず“勝つ”のは安定安心なのだが。しかし敵騎兵が呆気なくやられてしまうのは如何だろう。前衛が倒れても後衛が左右から回り込んで銃兵隊を襲ったら?騎兵の持つ機動性を無視し過ぎなんじゃ? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • むっきゅー

    待望の第4巻は、前巻から5年後。王女ソアラと元皇女テレンティアの間に、それぞれ1ずつ子供ができた宰相ナオキ。世の中は、二大宗教派閥が争う多国間戦争の時代で、同盟国の要請を受けて新たな戦争を始めることとなった、ソアラとナオキ率いるファベール王国。宗教戦争+第一次大戦みたいだな。2巻で敗戦を喫した騎馬大国ピエルフシュ共和国に宣戦布告するか、ナオキのセリフ回しがヤン・ウェンリー化してきたな。楽して勝つために戦略を駆使するとか。そして、敵サイドにも「魔術師」と呼ばれる戦略家の存在が示唆され、次巻への期待大です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • トンちゃん

    ナオキとソアラが結婚してからやく5年後のお話。ヒロインが子供産んでる珍しい設定なのはいいんだけど、サブヒロイン的位置にいた子が愛人設定になってて、その娘との間にも子供が出来ていることがショックでした。 なんか、中世異世界物とはいえ節度はないのかと… 主人公は成長していて宰相っぽく重みのあるキャラになってました。今作は珍しく他国に攻め入るお話。そこでの戦術に数学が駆使されていて、戦略好きな人には面白く読める1冊だと思います。 トゥーナも成長していて、いつの間にか14歳。相変わらず天才です笑 続きを読む…

    ネタバレあり
  • S.T.

    なんと3巻から5年経過。27歳既婚愛人ありの二人子持ちとか電撃主人公では珍しいような。誰が愛人かは説明不要やね。かわいそうな立ち位置になっちゃったのは14歳ツナちゃんだけど、まあ仕方ない。その分おやっさんことレオンの息子、ドグがいい役回り。大戦争の相手は、騎兵最強のピエルフシュ共和国。最強騎兵に勝つといえばあの戦術の出番だけど、結果が予想通りでも十分楽しめた。元々3巻完っぽかったので、4巻が出たのは僥倖だったのかもね。パターン化してるので、長編シリーズとして続けるのはやや厳しいか?次巻が出れば買うけれど。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    前巻から5年、ナオトも二児の父親となった世界で今度は宗教対立を背景とした連合国家同士が大戦争を繰り広げる事になる中でファヴェール王国の採った選択は…と言うお話です。前半のツナちゃんの監査のパートではまだ戦争の影が見えてこなかった所から中盤以降のピエルフシュ侵攻と大きく話が動きましたが、戦術思想の違いがモロに出た戦争だったなという印象を受けました。他にはドグは真面目で良い子な印象ですが、この先彼が報われる日が来るのかどうかと言う所も気になったりでした…w しかし次巻、さらなる大戦争の予感が…、気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/07/10
  • 定価
    650円+税
  • ISBN
    9784049126716

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル