「キミ、どこ住み?え、俺は空中要塞住みだけど」
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

「キミ、どこ住み?え、俺は空中要塞住みだけど」

「がんばえー、こばとがんばえーっ!」
著者: 川岸殴魚 (著者) / 桝石きのと (イラスト) / わいっしゅ (世界観イラスト)
シリーズ:「キミ、どこ住み? え、俺は空中要塞住みだけど」(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

九年前、所沢市上空に出現した空中要塞こばと。だがそれは既に市民に飽きられつつあった。ある日、主人公の黒田洋平はなぜかこばとに連行される羽目に。メイドと共に待ち構えていたのは七十三代当主、夢素香。曰く洋平は王族の血筋を引いていて彼女と結婚する運命だと。一先ずは補佐官としてこばとを取り巻く問題を解決することになった洋平。日照権、反対派の抗議、グッズの在庫、風評被害、様々な無理難題が洋平に襲い掛かる! 奇才、川岸殴魚と豪華イラストレーター陣が放つゆるふわ(空中要塞だけに)日常ラブコメ! どうにかして空中要塞を“映え”させるのだ!「よく見ろって! このパイプも超古代技術らしいぞ!」

パートナーのおすすめレビュー

  • 華恋
    華恋
    突き抜けっぷりがスゴい(笑)。お腹がよじれちゃうくらい面白いです。
    「誰もが知る浮遊城、所沢市のシンボル、その名も空中要塞”こばと”だ」って、1ページ目からパワーワード多すぎですよ!

    空中要塞に住むヒロインが小動物っぽくて可愛いんです。名前がね、夢素香(むすか)ちゃん。大丈夫。ちゃんと可愛い女の子ですよ! 普段、空中要塞は地上と交流がないので、主人公が持ち込む地上の品への反応を見るのも楽しいです。地上のお菓子はおいしすぎて持ち込み禁止になっちゃったり。でも欲望には勝てないのか、結局一部はOKになっちゃったり。

    のんびりほわほわ、でもアクセル全開のこの作品、ぜひ楽しんでください!
  • レオン
    レオン
    のんびりした牧歌的な雰囲気に憧れちゃうな。忙しい毎日を送ってる人は、この作品で一緒に癒されようよ。
    空中要塞はいいよ?
    自然が多くて、食料も自給自足でまったりしていて。所沢市の立派なシンボルなんだけど、地元の人にとっては当たり前の存在になっちゃってるところなんかも愛嬌があって可愛いと思う。

    それに意外と空中要塞の存在や実情がリアルに描かれているのも面白いんだよ。空中に浮いているせいで日照権の問題とかで反対運動が起きたりね。そこは、地上出身で要塞の女王様に信頼されてる主人公・洋平の出番なんだ。

    両方の立場がわかる洋平だからこそ、解決に導ける。
    彼の活躍にも注目だよ!

みんなのデータ

  • 24
    評価する
  • 34
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    「ラピュタ」の様な“落ち物”ラブコメをベースに時折キナ臭い話柄も交えながら、川岸氏らしい突っ込み要素ある作品。ヒロイン達の可愛さ・お色気は十分だけど、先に言った現実との接点のせいで、いつもの破壊的なギャグがやや大人しめだったかな。主人公は地上の現実と孤立した空中人の間に立ち回って一定度の成功を収めるけど、そこが綺麗にまとまり過ぎてたせいかも知れない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 海猫

    所沢市上空に出現した空中要塞がメインのお話で、当主のヒロインの名前が夢素香。となると、某ジブリ映画を連想するが、そのへんのパロディーは案外軽い。それよりも主人公が空中要塞をなんとかSNS映えさせようと奮闘する内容になっていく。途中気合の入った空中要塞の図解が挿入されたり圧倒されるが、やってることが世知辛いといったギャップが可笑しい。あといきなり出てくる空中要塞音頭には吹き出すほど笑ってしまった。川岸殴魚作品はガガガ文庫で買ってたのでMF文庫Jで読むのが新鮮。2巻に期待。ガガガの方の新シリーズも待ってます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    【電子書籍】ついに地元がラノベの舞台に!と喜び勇んで講読。埼玉県所沢市上空に浮かぶ空中要塞"こばと”の姫、夢素香は、結婚相手として市内の高校生・洋平(実はこばと王家の末裔)を連行するが…。美少女夢素香と付き合いたいが、地上での生活を捨てねばならない。それを避けたい洋平は王家の補佐官として、こばとが抱える諸問題を解決する役につき、あの手この手でこばとのために活躍します。まさにラブコメディ。とても面白かった。表紙イラストも可愛い。最後には自他共に認める婚約者になったし、次はラブ寄りの展開を期待します。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    「人生」などでお馴染み川岸殴魚先生のMF文庫Jでの初作品。九年前に所沢市上空に出現したもののすっかり所沢市民から飽きられていた空中要塞こばとに高校生の黒田洋平は何故か拉致されるが…と言う所から始まるお話です。最初はまぁ夢素香なんであの台詞連呼するよなぁとか埼玉あるあるネタを楽しんで読んでましたが、反対派の話に及ぶ辺りからこばと側のしきたりやら何やらに苦慮しつつもこばとの良い所を知ってもらおうと努力する洋平の部分が面白いと思うようになりました。次巻はまたどんな話になるのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しまふくろう

    【試し読み】表紙も挿絵も可愛らしくて良い。特に夢素香が可愛らしくて大変結構だった。しかしこの名前は大丈夫なのか。 物語は主人公が突然空中要塞に拉致され結婚を迫られる話。ネットもテレビもない環境で暮らすのは遠慮したい、という気持ちは判るので、この手のジャンルにしては珍しく、結婚を躊躇する主人公に共感できるのが面白い。 雰囲気もふた昔前の古き良きSFラノベみたいで宜しかった。続きが楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

埼玉県が舞台のラノベ特集

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/06/25
  • 定価
    682円(本体620円+税)
  • ISBN
    9784040657929

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK