スイレン・グラフティ わたしとあの娘のナイショの同居
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

スイレン・グラフティ わたしとあの娘のナイショの同居

同級生とナイショの同居、発端は――漫画制作? ガールズ青春グラフティ!
著者: 世津路 章 (著者) 堀泉 インコ (イラスト)
シリーズ:スイレングラフティ(電撃文庫)

みんなのデータ

  • 11
  • 25
  • 切ない
  • 甘酸っぱい
  • はがゆい

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 はじめまして! わたしは、池野彗花。この春から、高校一年生です。お母さんが働いてるから、おうちの中のことと弟・妹のお世話はわたしの仕事なんだ。
 今一番気になっているのは隣の席の庭上蓮さんのコト。クラスじゃ不良だヤンキーだって怖がられてるけど、なーんかそうは思えなくて……。
 だけどある日、偶然彼女の秘密を知って一緒に住むことになっちゃって?!

「誰にもアタシが漫画描いてるってバラすなよ。バラしたらコロス」

 わたしの家を作業場にして、新人賞を目指して頑張る彼女を、ささやかながら応援してます。ちょっぴり怖いけど、悪い人じゃないって知ってるから。
 そんなこんなで、わたしとあの娘のナイショな青春グラフティ、はじまります!

みんなからのレビュー

  • スズ

    母子家庭で幼い双子の姉弟の面倒を見る彗花は、クラスで不良少女として遠巻きにされている蓮がファミレス前で転倒した場面に遭遇し、助け起こす事に。しかし、援交や暴力の噂が叩かれている彼女の鞄から零れ落ちていたのは、新人賞応募用の漫画原稿で……。炊事洗濯掃除は得意だが漫画作りはド素人の彗花と、漫画に人生を救われ自分の感情を全て出し切ると情熱を燃やして描き続ける蓮の同居生活が魅力的。自ら泥を被り続けて孤独だった蓮、そんな彼女が馬鹿にされたら本気で怒って、泣いて、ギュッと抱き締める彗花の二人の流す涙が心に残りました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    性格も見た目も全く違う、共通点は家庭環境が複雑だということ。そんな2人の少女がある秘密を共有し、心を通わす青春物語ここに開幕。なんだろうこの作品には不純さとかが一切なく、そこにあるのは微笑ましさであったり、人の温もりや優しさであったりといった大切で尊いものばかり。こんなに純粋で綺麗な女の子同士の友情を描いた物語久々に読んだ気がする。夢を追いかける少女達の青春がこの作品には確かにあって、その一つ一つが心に響いた。作品の雰囲気も、キャラクターも全てが心地よくて羨ましくもある。そんな素敵な作品だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    母子家庭で働く母の代わりに双子の弟妹の面倒や家事に日々奮闘する女子高生・池野彗花。彼女が隣の席の不良として恐れられる庭上蓮のマンガ家になる夢を知り、一緒に住んで応援する青春小説。意外な一面を知って自分の家を密かに作業場として提供する彗花と、戸惑いつつも彗花の協力を受け入れるようになっていく蓮。双子を交えたやりとりは微笑ましくて、不器用で頑固な二人だからこそぶつかったりすれ違いもありましたけど、絶望に直面しても夢を諦めたくない蓮、彼女を信じて夢を応援したい彗花の真っ直ぐな想いがとても眩しい素敵な物語でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Mu

    おー、これは名作だよ。めっちゃ好き!ちょっと不良っぽい同級生の女の子と一緒に住むことになった少女が、その子の秘密を知って、と言うガールミーツガール話。前半の主人公のワクワクする胸の高鳴りがすごくわかって楽しかった。それだけでも青春なのに後半の苦しい展開でまるでヒーローのように登場する主人公の感情爆発の言葉に泣きそうになった。そんなハイライトの後にさらに二つ目のハイライトがあるなんて!二人のやり取りの場面にもう一度泣きそうになった。そしてこれは確かに女の子同士だからできるお話だなあと思った。うん、感動した。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Yoshiki

    【電子書籍】彗花は母子家庭で双子の弟妹の面倒をみている高校1年生。ある日、クラスのヤンキー女子・蓮が本気でプロの漫画家を目指していることを知り、漫画の創作を手伝うことになり…。表紙から百合ものかなと思いましたが、女子同士に芽生える友情を描いた物語です。一部ショッキングなシーンがありますが、蓮の今を示すために必要なのでしょう。総じてとても素敵な物語でした。積み残しのエピソードもありますし、友情の果てもみてみたい。ぜひ続きが読みたいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/06/08
  • 定価
    610円+税
  • ISBN
    9784049124590

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
  • 切ない
  • 甘酸っぱい
  • はがゆい
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル