七つの魔剣が支配する 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

七つの魔剣が支配する 3

運命の魔剣を巡る魔法バトルファンタジー、待望の第3弾!
著者: 宇野朴人 (著者) / ミユキルリア (イラスト)
シリーズ:七つの魔剣が支配する(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 オフィーリアが魔に呑まれ、ピートがその使い魔に攫われた。キンバリーの地下迷宮に消えた生徒数の多さに、学園内は厳戒態勢が敷かれる。学生統括のゴッドフレイをはじめ、上級生らが奪還に向かうも救出活動は難航していた。
 迷宮の深みに潜む魔女を相手に、自分たちに何が出来るのか? 苦悩するオリバーらに、ある人物が取引を持ちかける。それは彼らにとっての光明か、それとも破滅への誘惑か。
 目指す場所は地下迷宮の更にその奥。想像を超えた環境と罠、恐るべき合成獣たちが行く手を阻む。果たして彼らはサルヴァドーリの工房にたどり付き、友人を取り返すことができるのか──。

みんなからのレビュー

  • 海猫

    内容は2巻の直接的な続き。かなり多数の登場人物が入り乱れるが、交通整理して混乱させず読ませる。冒頭に登場人物表があるのも助かった。ほとんどが迷宮の中で展開するので、今回は学園ドラマ要素は少し薄い。にしても濃いドラマはちゃんとあり、そこは読ませる。次巻は二年生編の開幕だそうで、早いというかテキパキ進んでるというか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ばたやん@かみがた

    3冊目にしてやっとこの作品(ひょっとして作者にも?)に感じていた違和感の正体が判った気がする。それは登場人物が生まれながらの宿命を背負わされ、そこから逃げようがないこと。そしてその帰結は今回のオフィーリアの様にしばしばグロテスクな物となり、読み手に強い反発心を抱かせる。だが、一方で宿命は彼女とカルロスの最期の様に思わぬ形での救済も与えてくれるのだ。近代が当然(※)とする個人主義を嗤う様な結末に「これも有りか」と思わされてしまう。今の一年生達を待ち受ける過酷な将来を、見たい見たくないの気持ちがせめぎあう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★★☆ ここ一年で発売された新作の中ではダントツで期待値の高い「七つの魔剣が支配する」前巻の引きが気になりすぎる終わり方だったために発売日に即購入即読了しました。とりあえず読了後に真っ先に感じたことは、読了後にこんなにも心がしんどくなったのは久しぶりだな、と…。序盤は今巻のキーパーソンでもあるオフィーリア=サルヴァドーリの過去の話。彼女が一体どういう悲しい宿命を背負っているのか、またそんな彼女にも信頼出来る仲間が出来るもののいずれ破綻するであろう未来を暗示させる展開。一応今巻のボスキャラでもある彼女→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 虚と紅羽

    オフィーリア中心の話。1年組はオリバー、ナナオ、シェラがメイン。 サルヴァドーリの血筋がオフィーリアを狂わせたんだ。誰からも避けられてきた彼女がかけがえのない親友を得て、自らを忌避しない憧れの存在を得て。それを失うなんて彼女が耐えられるわけがないんだよ。 だからゴッドフレイにはせめて、せめて彼の中でのオフィーリアが仲間を傷つけた「魔」という認識で終わらないでほしい。カルロスが『お迎え』として彼女と共に消えてくれて、彼女の為に生きてくれて、それほど彼女を愛してくれていて、そこだけは彼女も救われたと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    魔導を極め、魔に飲まれたオフィーリアという1人の少女の姿を描いたシリーズ第四弾。これは良い。1年生編の集大成にふさわしい神回だった。迷宮で死闘を続けるオリバーたちの友を想う気持ちを描くだけでなく、オフィーリアの過去を描いたことで、互いの覚悟と譲れぬものを強烈なまでに我々読者印象付ける。本当に圧倒的だった。辿り着いた物語の結末は著者曰くキンバリーではさして珍しくないモノだったらしいが、それでもあの結末は彼女にとって救いであったと信じたい。これを踏まえた上での2年生編は果たしてどうなるのだろう。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/05/10
  • 定価
    630円+税
  • ISBN
    9784049125139

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル