東京×異世界戦争 自衛隊、異界生物を迎撃せよ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

東京×異世界戦争 自衛隊、異界生物を迎撃せよ

異世界が東京を侵食する日、首都は戦場となる。極限の戦いの行方は――?
著者: 鷲宮だいじん (著者) daito (イラスト)
シリーズ:東京×異世界戦争(電撃文庫)

みんなのデータ

  • 5
  • 71

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 残暑の厳しい九月十四日未明。東京都江東区有明の一画に、一夜にして直径五十メートルを超える大穴が空いた。底知れない空洞の出現に、都は対応に追われ、メディアはニュース特番の編集に勤しみ、付近に住む人々は避難を余儀なくされる。   翌日。自衛官・薮木環樹は娘・花音との約束をキャンセルして、この異常事態に対処すべく霞ヶ関を訪れていた。そこで、有明の洞穴から異世界の生物が這い出し、都民を襲っていることを知る。  折り悪く、花音は友人と共に、イベントが開催されているビッグサイトに向かったはずであった――。

パートナーのコメント

  • レオン

    レオン
    ゴブリンに、マンティコアに、ドラゴン。戦場と化した東京で、ファンタジー世界のモンスターと自衛隊の戦いが始まるんだ! モンスターにある程度の知性があるのが厄介で、負傷者を撒き餌にして待ち伏せしたり、視界の悪い霧から奇襲を仕掛けてきたりする。本能のままに動く野生動物と違って、現代兵器の力押しだけでは勝てない手強さがあるんだよ。 知恵を持つモンスターに立ち向かう自衛隊の勇姿は、現実的な臨場感があって目が離せないよ!
  • ディアナ

    ディアナ
    「エルフ嫁と始める異世界領主生活」の鷲宮だいじんが放つ、新たなる異世界×現実ファンタジーッス! 未知のモンスターに、法律や利権が絡んでくるのが現代的で面白いッスね。 人に危害を加えているモンスターが、動物保護の対象に含まれたり、仲良しの防衛商社に忖度して、強力な兵器の使用にケチをつける官僚がいたり……。 会議が進まず、自衛隊が自由に動けないのがなかなかもどかしいッス。 そんな状況を打破しようと、ヒロインの明葉由見は官邸を説得するために奮闘するんスよ。 会議室で繰り広げられる彼女の舌戦には、戦場での死闘とは違った熱さがあるッス!

みんなからのレビュー

  • まりも

    これは突如異世界に侵食された東京を守る為に、決死の覚悟で戦いに挑む人間達を描いた物語である。他の方が書いている通り題材そのものはGATEとシン・ゴジラを足して2で割った感じではある。ただし、それだけの作品では決してなく、巻末の膨大な参考文献の多さからなる圧倒的な臨場感のある描写と、極限状態に追い込まれた人々の勇気と正義が胸を熱くさせる人間賛歌が織り成すハーモニーの見事さを存分に発揮していた。心にズシっと来るものを求めている方には是非とも読んでもらいたい。そんな1冊だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サケ太

    現代社会に突如として現れた異界の怪物たち。それに抗う人々。異界の驚異はまさしく災害といった感じ。あり得ない事例に対してグダグダしてしまうが、それも現代社会、自衛隊としてのしがらみか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    確かにこれはシンゴジラとgateの合成作品ですね。法案との戦いの部分はシンゴジラ。戦闘は戦死者が多いシビアになったgateという感じですね。初め無能多いのかな?と思ってましたが、無能というより人の命をを使い捨て、自分の出世の為にする酷いやつがいただけだったのはある意味良かったかなと。無能過ぎるものがいる展開は萎えますからね。参考文献の多さにも驚いたり。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    突如として東京、有明に出現した巨大な穴から異形の生物があふれ出す中、不器用だが優れた自衛隊員の男が仲間と共に戦う物語。―――会議の先、男達は砲火を戦場へと躍らせる。 それぞれの野心と思惑巡る政争の世界、実際に命を賭けて外敵へ立ち向かう一寸先は闇の戦いの世界。 正に地獄と言わんばかりの現実感に溢れた物語であり、陰惨で陰鬱で、重くて熱い一筋縄ではいかぬ読み応えがある物語である。地獄の戦火をそれぞれの戦いを繰り広げ生き延びた者達。我等人類此処にありと示した彼等の今後の未来とは。 うん、とても面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    表紙から漂うシンゴジラフォロワー感。 ただ個人的には劇場版パトレイパー2感も感じる。官僚の出世欲に塗れた遅れた制度、責任を押し付け合い出し渋る政治家、そしてその間にも犠牲になる民衆と前線の自衛隊たち。 はたしてそれは災害派遣か、それとも防衛派兵か? 戦後日本の矛盾。こんな状態をなあなあと続けられる日本特有のお国柄。度胸ないくせに肝心な所でアクセル全開にする不器用さと言えば良いのだろうか、と苦笑する。  首相の決断力などご都合主義とテンプレ感はあるんだけどエンタメある政治劇は演出出来ていた 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/05/10
  • 定価
    650円+税
  • ISBN
    9784048939638

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル