異世界スーパー幼女村長☆彡裏ダンジョンで暮らしていた幼女ですが、のんびり村長ライフ始めました
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

異世界スーパー幼女村長☆彡裏ダンジョンで暮らしていた幼女ですが、のんびり村長ライフ始めました

スーパー幼女村長による、たのしく、ゆる~い村づくり!
著者: 弥生志郎 (著者) / 夜ノみつき (イラスト)
シリーズ:異世界スーパー幼女村長☆彡(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「ここは、史上最悪の難易度を誇る迷宮――裏ダンジョン」
わたし(小学一年生)は家出をしたはずが、いつの間にか異世界の危険な迷宮にいて、冥王と名乗る魔物と一緒に暮らすことに。
それで、生き延びるために女神様は加護をくれたんだけど――その制約は、なんと幼女のままずっと成長しないことだった!?
十年後、幼女(17才)となったわたしはスローライフを求めて旅立ち、異種族と魔物が暮らす村に辿りついた。
裏ダン暮らしで最強になっていたわたしは、問題山積みのその村のために村長をすることになって……!?
マンドラゴラの収穫?
魔物の食材を使った料理店の再建?
はい、わたしに任せてくださいっ!

パートナーのおすすめレビュー

  • 華恋
    華恋
    小さい女の子を愛でたい人は必読!

    異世界転生して村長になった幼女・アリカちゃんが最高にかわいいですっ!
    ドラゴンのお世話をしてあげたり、ひとりぼっちの魔族の女の子を家に迎え入れたり。もうほんと健気でやさしい子なんですよ~!

    でもそれだけじゃない! 小学1年生で異世界へ来てからず~っと高難易度な裏ダンジョンで育ったので闇魔法とか隷属スキルが使えちゃうすごい子なんです! 女神の加護で小さな姿もそのまま! たまに涙目になっちゃうところもありますが……アリカちゃんなら村長だってへっちゃらです!
  • ノエル
    ノエル
    女の子たちがのんび~り村を発展させるの!

    ただの女の子じゃないのよ。スライム娘さんや猫耳さん、羊角さんなど、いろんな種族が集まっててにぎやか! みんなおそろいのメイド服を着て、一緒に料理屋さんのメニューを考えたり、接客を手伝ったりもするの。
    おかげでお店はなが~い行列で大繁盛!「グリフォンのふわとろオムレツ」なんて見ちゃったら食べたくなるよね! 村が大好きな気持ちはみんな一緒! だから楽しく力を合わせられるの!

    そんな女の子たちがいるこの村で、わたしも暮らしてみたい!

みんなのデータ

  • 59
    評価する
  • 75
    読みたい

みんなからのレビュー

  • わたー

    【試し読み】父親にネグレクトされたきた7歳の幼女が異世界の裏ダンジョンに転移することから始まる物語。最強の力を持っているけど、それを隠してスローライフを送る隠居系なろう小説。オリジナリティは主人公が幼女なことか。試し読みでは幼女という外見と、彼女の真の能力が持つギャップを前面に押し出す描写が続き、試し読みなのにマンネリになりつつあるが、この後もそれが続くとなるとちと辛いかなと。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ラノベの王女様

    史上最悪の難易度を誇る裏ダンジョンに転移し一〇年間生き延びた小学一年生の少女が、異種族と魔物が暮らす村の村長に立候補する物語。―――大丈夫、この村にはみんなの居場所があるから。あどけない幼女のように振る舞いながらも大人顔負けの語彙力と冷静さで現状を分析してて、行動と内面の落差によって生み出される意外性が面白いわ。困った者を放っておけない、魔物一匹に至るまで誰も傷つけたくない。そんな主人公の優しさが、降り注ぐ太陽の光の如く読者の心を癒やしてくれる、想いやりと暖かさに満ち溢れた作品よ。次巻も楽しみだわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しまふくろう

    試し読み。表紙も挿絵も可愛くて大変良かった。 物語は異世界に召喚されてしまった主人公が育ての親に保護されてダンジョン内で十年間過ごした後の話。この育った環境なら勘違いしても仕方がないと納得してしまう。 続きを読むのが楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • niz001

    7歳で転生してきて以後裏ダンジョンで10年冥王とふたり暮らしなんで、中身17歳といってもメンタリティがちょっと大人びた幼女レベル。それはそれでOKだけどw。前村長が出てきて次巻へ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    家出したら異世界の裏ダンジョンに転移し、成長と引き換えに最強の力を得た幼女が、居場所を持たぬ者達の村の村長となり始まる物語。―――ここにあるのは誰かの居場所、誰もがいていい理想郷。心に隙間を抱え埋め合うように集った様々な種族の者達。そんな世界のはぐれ者達の中に幼女が紛れ込み、彼女の力が皆を繋ぐ絆の糸を紡いでいく物語。最強、しかして純粋。だからこそ全てを受け止められる。そんな彼女の温かさに心が温かくなる、麗らかな春の日の桜の木の下の陽だまりのような物語である。この優しさは何処へ。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/03/25
  • 定価
    682円(本体620円+税)
  • ISBN
    9784040656274

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK