デート・ア・バレット デート・ア・ライブフラグメント 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

デート・ア・バレット デート・ア・ライブフラグメント 5

時崎狂三VS四人の支配者
著者: 東出祐一郎 (著者) / NOCO (イラスト) / 橘公司 (原案・監修)
シリーズ:デート・ア・ライブ フラグメント(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

辿り着いた第七領域から次の領域へ行くため、大金を稼ぐことになった狂三たち。カジノで荒稼ぎをするも条件クリアの金額には程遠く……。さらに狂三を足止めしたい四領域の支配者とポーカー対決をすることになり!?

みんなのデータ

  • 12
    評価する
  • 13
    読みたい

みんなからのレビュー

  • サケ太

    ギャンブルとミステリ。本当にいろいろなジャンルを混ぜてくるなあ。ラブラブな二人を見てるのは楽しい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    この作品は本編の設定を利用しつつ、最大限他ジャンルのパロディに走る傾向が強い気がする。 作者は引き出しっていうか、趣味が広いのかもしれない。 ギャンブルものなのでサスペンス風味だが、コメディが適宜入るのと、ギミックがなんというかしっくり来なかった。 1巻から貫くのは百合と殺意だけ。ま、それだけで良いっちゃ良いんですが。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • HANA

    今回はギャンブルとミステリ。ギャンブルはなかなかな展開。やっぱりギャンブル話とイカサマはセットというか。そしてまさかこのシリーズでミステリものとは。本格的ではないけれどシリーズっぽさがあって良かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • skikku

    7の領域の話だからか頭脳戦よりなギャンブル&ミステリーの話ミステリーの最後はともかくいつものように戦闘での解決ではなくギャンブルでは心理戦で相手を出し抜きミステリーでは犯人探しをしながら女王の下僕の1人であるビショップを討伐をしながらも連合を阻止され引き分けかちょい敗北よりな感じかな。今回の見どころさんだったのは狂三が響の事をすっごく大切な相手だと思っていることがバレて可愛い反応をする狂三とその反応にびっくりして赤面する響でしたわw2人だけの空間が甘々しいわ~。白の女王の寄生はやっぱり苦手だなー 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ごぅ。

    第七領域の条件はお金。狂三と響はカジノで稼ぐことに、そこでも非凡なる才能をみせる狂三と、他支配者たちのポーカー(テキサス・ホールデム)での対決となる。。。その後の密室殺人事件の発生に、佐賀繰由梨の謎が明かされるミステリ仕立て。共通の想い人そのための行動。想うが故に意思は強く堅固に、その先は争いしかないのが今のところの常といったあたり。。。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK