ロクでなし魔術講師と禁忌教典 14
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 14

アルザーノ帝国代表選抜戦、開幕!
著者: 羊太郎 (著者) / 三嶋くろね (イラスト)
シリーズ:ロクでなし魔術講師と禁忌教典(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

来る魔術祭典のため、帝国の代表候補を決定する試験の監督を務めることになったグレン。その実力から、システィーナの代表入りは固いと思われた矢先、幼馴染のエレン=クライトスが現れ、事態は風雲急を告げる……。

みんなからのレビュー

  • むっきゅー

    3つの魔術学院からトップ10人を選ぶ魔術祭典で、白猫が圧倒的強さを見せる。しかし、幼馴染みのエレンが白猫に勝つために無限にループを繰り返す。その数1000回以上!白猫ってこの全てで優勝してるわけで、学生のレベルを超越してますね。さすがグレンの相棒。今回の敵を倒すためにグレンと白猫が絶妙のコンビネーションを見せるが、相棒というか嫁?以心伝心阿吽の呼吸。第14巻はAからΩまで、白猫の為だけのストーリー、圧倒的ヒロインでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    女王陛下の尽力により数十年ぶりに開催される魔術祭典。アルザーノ、聖リリィ、クライトスの有力魔術学院から有力生徒たちが代表を目指す中、システィーナが因縁の幼馴染エレンと再会する第十四弾。久しぶりに再会した面々とのほのぼのエピソードに始まって、そこからグレンが容易には抜け出せないループにハマってしまう展開。なかなか解決の糸口が見えない今回は、これまでの激闘を切り抜けてきたことで大きく成長したシスティがグレンの信頼できる相棒として大活躍でしたね。今後に繋がる事実も明らかになって、ここからまた面白くなりそうです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シン

    ★★★☆☆ 面白かった。 なかなかよくできたループもの。 たださすがにループしすぎじゃねってのと、 (主人公ではなくエレンがね) システィーナの観察力や信頼感がここまでくると少し気持ち悪い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    リィエルの一件が終わり平穏が訪れたかと思ったら、女王陛下の尽力により魔術祭典が開催される事となりまたしても忙しい日々を送る事となったグレンだったがそこには卑劣な陰謀が潜んでおり...な話。まさかのループ展開には驚きやったわ。またしても変態教授が新たに登場したがまさかの重要キャラとは。システィをセラに重ねていたグレンがシスティとして相棒として認識が変わってきたのが大きな変化だよな。次巻も楽しみだな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    学生選抜を作る休憩話、と思っていたら全然違いました。まさかのループ物だったとは…。世界の謎にも接近したし、満足な一巻でした。イヴも出番少ないながら頑張ってましたし。面白さキープされてるとはいえ、全然終わる気配ないので一体全何巻になるんだろ?とも思ってしまったり。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル