ヒトの時代は終わったけれど、それでもお腹は減りますか?
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ヒトの時代は終わったけれど、それでもお腹は減りますか?

ごちそう求めて、少女たちは戦う。――おいしい終末、はじめました。
著者: 新 八角 (著者) / ちょこ庵 (イラスト)
シリーズ:ヒトの時代は終わったけれど、それでもお腹は減りますか?(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 荒廃した24世紀の東京は合成食糧や電子ドラッグが巷に溢れ、荒くれ者たちが鎬を削る……それでも、やっぱりお腹は減るんです。日々の戦いに疲れたら、奇蹟の食堂――《伽藍堂》へ!
 厨房を受け持つのは「食の博物館」の異名を持ち、天使の微笑みをたたえる少女ウカ。狩人兼給仕を担うのは、無法者に睨みを利かせる、こわもて奔放娘リコ。
 二人は今日も未知なる食材求めて、てんやわんやの大騒ぎ。「おいしい!」の笑顔のためならば、人を喰らうドラゴンから、食べたら即死の毒キノコ、はたまた棄てられた戦車まで!? なんでもおいしく、そして仲良くいただきます!
 リコとウカの風味絶佳な日常を皆さんどうぞ召し上がれ。

みんなのラノベまとめ

  • 電撃文庫の百合ラノベ
    mizunotoriが作成したまとめ電撃文庫の百合ラノベで紹介されています。
    5
  • ポスト・アポカリプス!
    mizunotoriが作成したまとめポスト・アポカリプス!で紹介されています。
    1

みんなからのレビュー

  • スズ

    狂った生態系と違法ドラッグが蔓延する荒廃した近未来の東京で小さな食堂を営む、給仕兼用心棒の元暴力組織所属の濡羽色の髪の少女リコと、客を虜にする天使スマイルを浮かべるメイド服の調理人ウカが紡ぐパンクグルメ物語。竜や麻薬の原材料になる種子、蜘蛛型戦車の人工筋肉等々、薬品汚染で独自の進化を遂げた生物を生唾を飲み込む美味しい料理に魔法の様に調理するウカの腕と、木刀片手に狂暴な食材を狩るリコが彼女の料理を頬張る時の笑顔が大好きでした。マフィアや宗教団体が抗争を続ける世紀末世界観でのグルメファンタジーでかなり好みです 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    荒廃した24世紀の東京にある奇蹟の食堂"伽藍堂"。そこで働く狩人リコと料理人ウカの日々を描いたグルメ物語ここに開幕。ポストアポカリプス+百合要素+その他色々。時にほのぼのーっと、そして時にクレイジーにヒャッハーと、この作品には色んなものが闇鍋の如くごった煮されている。これぞまさにファンタジーな世界観。作品に漂うファンキーすぎる雰囲気と共に思わずお腹がグーっとなる飯テロを楽しみ、大本命の可愛い女の子二人による百合を楽しむ。終末だろうが何だろうが楽しければオールオッケー。良いもの見させて貰った。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真鍋

    百合×終末×グルメ。リコとウカの百合な掛け合いに対して「はぁ……尊い……」と溜め息を漏らすビヌくんには本当頷くしかないです。そして設定が驚くほど精密に作りこまれていて凄い。二巻も発売決まってるらしいしわくわく。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    24世紀の荒廃したかつての東京を舞台に伽藍堂という食事処を営む調理担当ウカと食材調達&給仕のリコが織り成すディストピア&お料理&百合もの。複数の組織が縄張り争いし、人間が残した技術を吸収し独自の進化を遂げた動物たちの脅威が巧みに描かれており、そんな重苦しくなりがちな雰囲気をウカとリコの和気藹々とした掛け合いが明るくしている。それにしても二人の百合百合しているところは本当に尊いですね。最後にこの世界でそれぞれの流儀に生きている人たちが食の元に協力できる可能性を示せたことはとても美しかった。次巻が楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 和む…。リコが無茶するのかと思ってたらウカが結構な無茶を言う人でした。最初からバイオロイドの蜘蛛型兵器を調理というインパクトある現代日本とは違うぜ感溢れるメニューが登場で、2人のやりとりが楽しいのもあって続きをワクワクしながら読めました。各話後にあるチャット風の会話で食材について話しているコーナーもいいですね。ルアンやカクタス、ヤシギ…全キャラだな、読み終わってみると好きになっていてそれぞれの掘り下げも読んでみたい。最終話でいく人かの印象の変わる大きな設定が出てきたりしたので2巻も面白そうです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/03/09
  • 定価
    630円+税
  • ISBN
    9784049121643

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル