リベリオ・マキナ 《白檀式》水無月の再起動
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

リベリオ・マキナ 《白檀式》水無月の再起動

絡繰騎士は叛旗を翻す――孤独な姫を救うため、偽りの世界に抗うため。
著者: ミサキナギ (著者) / れい亜 (イラスト)
シリーズ:リベリオ・マキナ(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

☆★☆第25回電撃小説大賞《銀賞》受賞作☆★☆

対吸血鬼戦闘用絡繰騎士《白檀式》――ヘルヴァイツ公国が誇る天才技師・白檀博士の“五姉弟”は欧州を吸血鬼軍の侵略から救う英雄となる……はずだった。
十年ぶりに目覚めた“失敗作”、第陸号・水無月は想定外の戦後を前に愕然とする。起こるはずのない暴走事故により、“虐殺オートマタ”として歴史に名を刻んだ五体の姉兄たち。さらに大公と吸血鬼王による突然の和平を経て、公国は人間と吸血鬼が平等に暮らす世界で唯一の共和国へと変貌を遂げていた。
亡き博士の娘・カノン、吸血鬼王女・リタとの出会いを通じ、新たな“日常”を受け入れていく水無月だったが――。
第25回電撃小説大賞《銀賞》受賞・オートマタの少年と二人の姫が織りなす、正義と反抗のバトル・ファンタジー起動!!

みんなのデータ

  • 76
    評価する
  • 62
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    これは理不尽に断たれてしまった家族の絆を再生する物語。本巻で水無月やカノンの前に立ち塞がったのは人類やオートマタを道具扱いするヴィルヘルム。だが、彼らをより根本的な所で苛んでるのは、吸血鬼戦争に向けた軍部の近視眼的振舞いであり、その失敗を水無月達の母春海に転嫁する官僚主義であると言える。そう理解するとこの世界もごく自然な事を妨げる各種官僚主義が跳梁する現代日本の一部を写し取ったとも言える。最後、少年は己の使命に目覚め自立してゆくのだが、その域に達したと胸を張れるのは私達の中に果たして何人いるだろうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ami*15

    カノン&リタと過ごす賑やかな日常、オートマタである自分が存在する意味、敵への苛立ちと大切な仲間を守りたいという思い。物語を追っていくうちに読んでいる私も水無月と同じ世界を体験しているような不思議な読み味でした。緊迫感漂う戦闘シーンもあり、2人の個性の違ったヒロインとのラブコメもありとラノベならではの要素が沢山詰まった作品だなと思いました。とにかく水無月が私も読んでいて欲しくなった(笑)。《白檀式》や春海の件にはまだ謎がありそうだし、カノンの夢や水無月の新たな戦いも今後どう描かれていくのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    対吸血鬼として開発されながら失敗作として封印された絡繰の少年が、新たなマスターと共に歴史に刻む反逆譚ここに開幕。これぞ王道。一度も戦う事なく封印されてしまった絡繰仕掛けの少年が平和な時代で迷いながら自分が戦う意味を探していく。そんな水無月の変化を時にコミカルにそして熱く描いた様が本作最大の持ち味だろう。バトルも日常シーンも絡繰ならではの演出があって非常に良い。Wヒロインも1人は絡繰マニア、もう1人はポンコツで高貴な吸血鬼の女王とそれぞれ違った魅力があって素晴らしい。純度100%の王道を楽しみたいなら是非。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    吸血鬼と戦う中で戦闘用絡繰騎士《白檀式》が暴走し、結果的に人間と吸血鬼が平等に暮らす共和国へと変貌を遂げたヘルヴァイツ公国。そこに十年ぶりに白檀式の失敗作・水無月が目覚めるバトルファンタジー。亡き博士の娘でマスターのカノンとの不本意な関係と、偏見を持たない吸血鬼王女・リタとの出会い。世間知らずな自覚がない水無月とヒロインたちのズレた会話のやりとりは微笑ましくて、一方で巻き込まれてゆく争いの中で過去の真実と向き合うことにもなって、葛藤しながらも自分のありようを見出していく王道展開はなかなか良かったですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★★★ 人類と吸血鬼が争う世界。吸血鬼の圧倒的な力に人類は次々と敗戦の一途を辿るものの一人の天才戦闘用絡繰騎士博士によって生み出された5人の絡繰騎士によって戦況は一変した。5兄弟の6番目の弟として作り出された主人公水無月は一度も戦場に出ることなく「不適合」の烙印を押されて眠りにつかされる。10年後に目覚めた彼が見たのは人類と吸血鬼が手を取り合っている世界、そして史上最大の犠牲者を出した起こるはずのない5兄弟の虐殺暴走事件。そんな現実に呆気に取られながらも不器用なりに日常生活に馴染もうとする水無月。→ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/02/09
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784049123289

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK