昔勇者で今は骨 4 わたしからあなたへ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

昔勇者で今は骨 4 わたしからあなたへ

骨になっても心は勇者な冒険者(※ただし骨)が往く、異世界ファンタジー!
著者: 佐伯庸介 (著者) / 白狼 (イラスト)
シリーズ:昔勇者で今は骨(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

『あ~故郷の香りっス~』
 かつての愛船・ソカリスヘヌ号を修理するため、北方のオルダネル帝国を訪れたアルとイザナ。
 そこで出会ったキメラの少女を救う為、断崖の街ガイムラを訪れたアルだったが、ひょんなことから封印された“神の骨”を探すことに。
 いつものお気楽な冒険になるはずが、アルの魂が神の骨に取り込まれてしまったことで事態は急変し――
(あれ? もしかして俺マジで消し飛ばされる五日前って感じ。なのでは?)
 骨になっても心は勇者、コツコツ世界を救ってきた最強冒険者もついに昇天!?

みんなのデータ

  • 24
    評価する
  • 10
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 中性色

    牛骨ラーメン。今回はキャラがほぼ総登場な物語。そのためにややごちゃごちゃしてるけど、それぞれにきちんと必要性を持たせていて、冗長性は感じさせないように造られている。しかし今後もあるのかと考えるとこれほどの敵を出しておいて次に来るのが大丈夫なのかという問題があるかもしれないが 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    どうやらまだ続くようだけど、表紙の通り衝撃度高いクライマックスだった。 キャラそれぞれが強大すぎる存在に対し、自分のやるべき試練へと対峙する。 仲間だけでなく敵対してた聖女から学生まで、皆イイヤツなので役割分担が完璧。ラストの共闘も最高に盛り上がる。 ヒロインも今回は異種族感マシマシもあって個人的には満足。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • KZ

    ■vs神。これまでのキャラ総出演で熱いバトルの第一部の終わりといった感じの4巻(事実、5巻出るまで間空いている)。 ■間違いなく面白いのだけれど、ややごちゃごちゃしていて場面々々が少々わかりにくかったのが欠点。それでも読み応えのあるラノベらしいラノベを楽しめた。 ■完璧に裏主人公だったダイス。『昔邪竜で今は人』ってスピンオフとか出せるんじゃないか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • alleine05

    4巻目にもなって今さらだけどこの作品たまに描写がわかりづらい箇所があるな。文章が短いぶつ切りみたいな感じになって具体的にどうなっているのかわかりづらいというか。丁寧さよりも勢い重視の書き方なんだろうけど。今回は話の流れ上、アルの活躍は少なめ。仲間たちが力を合わせてって展開ももちろん嫌いじゃないけど、個人的にはもうちょっとアルの活躍が見たかった。ハルベルの超魔力については今まで謎だったと思うんだけど、今回の描写からすると単に冥界の神のお気に入りってだけのことなんだろうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • イシカミハサミ

    ここまでのキャラクターたち全開でvs神の骸。 まさに直球ど真ん中エンタメ。 強大な敵に力を合わせて戦う。 全力で王道を突っ走る感じ最高です。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/02/09
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784049123258

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK