世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する

伝説の暗殺者、異世界で""最強""を超える!超人気WEB小説が書籍化!!
著者: 月夜涙 (著者) / れい亜 (イラスト)
シリーズ:世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する(角川スニーカー文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 世界一の暗殺者が、暗殺貴族の長男に転生した。現代であらゆる暗殺を可能にした幅広い知識と経験、そして異世界最強と謳われた暗殺者一族の秘術と魔法。そのすべてが相乗効果をうみ、彼は史上並び立つものがいない暗殺者へと成長していく――。 WEB発超人気作が大幅加筆にて新生、最強×無敵のアサシンズ・ファンタジー!!

パートナーのコメント

  • つむぎ

    つむぎ
    世界一の暗殺者が、暗殺貴族トウアハーデ家の長男に転生し新しい人生を歩んで行く、神童ルーグの成長物語です。

    転生前は、組織の道具だった元世界一の暗殺者であるルーグは、転生してすぐの頃はどこか人形のよう。
    しかし、彼の周りには愛してくれる人がたくさんいます。後継者修行以外では優しい両親。魔法の先生であり、魔法の研究仲間で、彼の初恋の人。強くて心優しい助手。親しい人達に囲まれ、徐々に人らしくなっていくルーグが何だかかわいらしいです。
    愛を知り、徐々に人間らしくなっていく主人公のルーグと、彼を愛する両親や仲間たちの絆にほっこりします。
  • レオン

    レオン
    転生してもその強さは衰えず、どんどん進化していく最強暗殺者のルーグがかっこいいんだ!

    転生前は世界最高の暗殺者と呼ばれていたルーグ。彼は国のために暗殺をする『暗殺貴族』に転生するんだけど、前世の知識の活かし方がすごいんだよ!
    元々、頭の切れる世界最高の暗殺者だからね。魔法の仕組みを解析したり、現代兵器を魔法で再現してみたり。強さだけじゃなく、情報網構築のため商人として化粧品で商会を盛り立ててみたり。正面からは勝てない相手でも殺せるよう、地道に準備をする用意周到さも。そう、すべてが暗殺に繋がるように.......。

    ルーグはどこまで強くなっちゃうんだろうね。ボクも精進しないと...!!

みんなのラノベまとめ

  • 【異世界転生・転移系ファンタジー】ラノベではやっぱり押さえておきたいジャンルだよね!
    やまさきりゅうが作成したまとめ【異世界転生・転移系ファンタジー】ラノベではやっぱり押さえておきたいジャンルだよね!で紹介されています。
    13

みんなからのレビュー

  • まっさん

    ★★★ 「回復術士のやり直し」、「魔王様の街づくり」の著者の月夜涙先生の新作。なろう発の俺TUEEEEものだと聞いていたから割とテンプレな物語かと思いきや想像以上に世界観が作り込まれているし、登場人物の掘り下げもうまく出来ているためにストレスなく読み進めていけた。ただ中盤までが成長の過程やスキルの創造の描写などで淡々と話が進むために若干退屈に感じてしまったかもしれない…笑作者さん曰くスニーカー文庫最大の初動売上を記録したらしいので続きを楽しみに待とうと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    これは個人的に面白かった。世界一の暗殺者が年老い用済みとなったことで組織の手により殺されてしまうのだが女神の手により異世界転生のチャンスを得るが引き換えに請け負った任務は「勇者」を暗殺することだった...と言う展開から始まるアサシンズ・ファンタジー。前世では道具として扱われていた為に人間としての感情が希薄だったが転生してからは様々な影響を受け人間らしくなってきたルーグが良かったな。ディアが可愛かったな。暗殺とはいったい・・・と言う感じの必殺の一撃はむしろ清々しかったわ。まだまだ始ったばかりやし次巻も楽しみ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しまふくろう

    表紙が可愛くて購入。挿絵も良かった。女の子の胸囲部分の描き分けが大変宜しい。 物語は世界最高の殺し屋が女神の依頼で異世界の殺し屋に転生する話。一巻だから仕方がないんだけれど、元殺し屋なら殺せんせーぐらいぶっ飛んでるのかと思ったらそうでもなく、元の世界の暗殺知識を活かした殺しをするでもないので、ちょっと物足りない。 次巻ではぜひ伝説の暗殺者と呼ばれる手腕を見せて貰いたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 柏バカ一代

    コレは面白い。修行して、商売して、人材を発掘して、暗殺して、戦争して、一騎打ちと思ったら暗殺して。後半は予想の斜め上を行かれて満足だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 虚と紅羽

    面白いような面白くないような。しょせん俗物、しょせん人間の枠からは外れない← 分かった。多分登場するヒロイン含め女性陣が誰一人好きになれないからだ!ロナハは貴族世界でしかもこの家の分家でよくここまで良い子に育ったよ。お前はわりと好きだ。 続きは買わないかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル