青春敗者ぼっち野郎、金髪尻軽ギャルのお気に入りになる
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

青春敗者ぼっち野郎、金髪尻軽ギャルのお気に入りになる

ギャルにかまわれまくる!陰キャぼっちと陽キャ美少女の学園ラブコメ!
著者: 刑部 大輔 (著者) / あやみ (イラスト)
シリーズ:青春敗者ぼっち野郎、金髪尻軽ギャルのお気に入りになる(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

青春まっただ中の高2において、ぼっちの俺は敗者だ。昼休みに教科書ばかり開いているから成績だけは上がる一方。ある日、クラスの陽キャである橘かれんが俺に勉強を教えて欲しいと言い出した。「にしし、童貞、この問題おせーて?」“気に入った男は食う”と噂される橘とオタク集団からもハブられる俺が二人きりで勉強するうちに、コイツはクラス内でも俺にフツーに話しかけてくるし、何故か放課後一緒に帰ることになるし、気がつけば橘とデートしてるし、あげくにクラスの陽キャ集団から橘と俺が付き合ってるとまで言われ始め・・・・・・!? 「いろんな噂流れてるらしいけど、あたしキミがいちばん仲良い男の子だよ?」「ふつーにカッコいいし」「そういうとこ、ちょー好き。好き過ぎ」「・・・・・・こんなの見られたら、ラブラブだって思われちゃうかもね」
ギャルとじゃれあって、ぼっちの日常が変わり始める!

「小説家になろう」現実世界恋愛ジャンル年間1位を獲得した大ヒット青春ラブコメが、大幅加筆&書き下ろしエピソードを加えて遂に書籍化!

みんなのデータ

  • 81
    評価する
  • 128
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ami*15

    自分はぼっちのままでいたいのに、かれんが一条のことを気に入ったことをきっかけに彼の学校生活は賑やかなものになっていく。ぼっちでいることを望んでいるはずだが、かれんのペースにだんだん巻き込まれていく一条の彼女への気持ちの変化はまさにラブコメって感じがしました。一条が自分なりにクラスメートたちと馴染もうとしているところや彼のぼっちというポジションへの愛が詰まった?モノローグも面白かったです。でも思っていたよりも甘々し過ぎて私はちょっと苦手なタイプの作品だったかなと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • スズ

    放課後の図書室で勉強していたぼっちの一条は、学園一のギャルの橘かれんに勉強を教えてほしいと頼まれ、秘密の勉強会をする事に。何故かやたらと体を密着させてきたりデートに誘って来るかれんに戸惑う一条だったが、一緒に過ごす内に彼女に対する想いとクラスでの居場所に変化が生まれてきて…。ある事がきっかけで心優しい一条に惹かれていたかれんの恋愛感情を隠さない積極的な姿勢が甘々で、練乳たっぷりの苺を頬張っているかのような糖度のラブコメで面白かった。一条がかれんへの恋を自覚していく展開も丁寧で、ラブラブシーンも甘すぎでした 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ばたやん@かみがた

    悪くないですね。主人公の美点に気づいたヒロインが二人だけの物に留めずに、クラスメイトに知らしめて彼の地位上昇につなげて行く所が良い。主人公もそれに応えて自らを変えて行く所が尚良い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    ぼっちで昼休みに勉強ばかりしているガリ勉の一条純が、いかにもギャル風で噂も多い橘かれんに勉強を教えてほしいと請われ、そこからいろいろ変わってゆく青春ラブコメディ。ぐいぐい来るかれんに何で自分がと思ううちに教室でも話しかけられるようになって、クラスでの立ち位置も変わってゆく一条。最初は戸惑いながらもちゃんと向き合うようになってゆく彼は面倒見のいいやつで、見た目があれなかれんもまた真っすぐで応援したくなる二人ですね。かれんを意識するようになってツンデレ気味だった一条が陥落する日も近い?ということで続刊に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • むっきゅー

    ぼっちガリ勉主人公・一条くんが、ギャル系美少女・橘さんに対し、少しずつ恋愛感情が芽生えていく心情をリアルに描いた恋愛小説。恋愛感情を認めたくないガリ勉くんに対し、橘さんは恋愛感情を隠そうともしないので、クラスメイトに徐々にバレていく展開が秀逸。すごく感情移入ができ、ニヤニヤし過ぎて声が出てしまうほど。電車や公共の場では読んじゃダメです。ラストの橘さんの独白とかスマホ買いにいく話に至っては、とんでもない糖度。どんだけ好きあっているんだ、このバカップルは。糖分補給のための座右の書が、また一つ増えたわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK