転生賢者は娘と暮らす。 01
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

転生賢者は娘と暮らす。 01

パパってすごい! 自由気ままな辺境スローライフ!
著者: 琴平稜 (著者) / かぼちゃ (イラスト)
シリーズ:転生賢者は娘と暮らす。(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

過労の末、命を落としたケントは、若返って異世界に転生した。人里離れた教会で子供たちと出会って、魔法に、料理に、冒険に……自給自足ののんびり生活! 娘たちと満喫するセカンドライフ、ファンタジー!

みんなのデータ

  • 8
    評価する
  • 9
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ラノベの王女様

    過労死した男が最強賢者として異世界に転生し、身寄りの無い少女達の家族となって第二の人生を始める物語。―――今度はみんなでのんびり暮らそう。全体的にテンポがゆっくりで読みやすく、家族愛をテーマにしているからか、共同生活の描写に力点を置いているのが本作の特徴と言えるかもしれないわね。会話文が多いから登場人物の個性を掴みやすいし、日常でのやり取りを丁寧に記述してるから、まるであたしも家族の一員として認められたかのような気持ちになるわ。このほのぼのとした世界がいつまでも続いてほしいわね。次巻も楽しみだわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    過労の末落命し、賢者として異世界に転生した男が住む所を失った少女達と出会い、家族になっていく物語。―――元社畜、異世界で大切なものが出来ました。 働きたくない、故に自給自足。 そんなスローライフな生活を始める中、突然出来た嫁(的存在)と共に娘(的存在)達の成長を見守っていく物語。 チート級な力、故に特に心配ごとのない、どこか優しく、まるで某牧場物語のような空気も感じられる、穏やかな物語である。穏やかで平和な日常、脅かすものは容赦なし。 愛に包まれ成長する娘達の今後とは。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    作者がスローライフという題材も上手く料理してくれていた。ストレスを一切感じさせず、でも物語の山は作るという隙の無い構成でした。長く続いてほしいです、切実に。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    社畜として過労死したおっさんが異世界転生してスローライフ。という割には事件が多かった印象。スキルのチートっぷりも合わさってどちらかというと俺TUEEE感が出てた。web発ゆえに一つ一つの話が短いのも影響してるかも。下手にラブコメにせずに子供の幼さを前面に出してるのがよかった。子供の成長は尊いものだ。ここまではまあよくある異世界モノって感じだけど、ベアトリクスとかサラジーンあたりで作者さんらしいコメディ方面の強化を希望。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    ★★★☆☆ Web版未読。過労死し異世界転生したケントが人里離れた教会で孤児たちと自給自足ののんびり生活を開始するセカンドライフファンタジー。「勇者リンの伝説」の作者だけにちょっと捻った展開を期待していたが、割となろうテンプレなストーリー展開。愛娘たちを愛でながら冒険者として育成しよう!主人公が神様から貰った野菜を育てるスキルの正体とは?イラスト効果もあって愛娘たちが可愛いです。序盤の神様の「スローライフを約束しよう」の言葉に嘘だ!と思ったのは自分だけであるまい。そして、口絵詐欺はいけないと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK