僕はリア充絶対爆発させるマン 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

僕はリア充絶対爆発させるマン 3

迫るクリスマス。史上最大の作戦を前に非リアの恋も揺れ動く
著者: 浅岡 旭 (著者) / アマガイタロー (イラスト)
シリーズ:僕はリア充絶対爆発させるマン(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

リア充が最もサカり、非リアが最もサガる季節。性夜テロに燃える非リアたちだったが、遥真が気になる姫奈は上の空。非リアの意地を懸け、遥真との冬デート(仮)に連れだし自らの想いを確かめようとするが――。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • のれん

    読み切ってしまった完結巻。 個人的には各キャラ陣営の望みが1つも叶っていないバットエンド。 恋愛をどのように限定するか、はたまた自由であるべきか。主人公の「爆発」がネタ以上の意味を持たなかったことも含め、もう少し突っ込んでも良かったかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    遥真が気になる姫奈が不調に陥る中、聖夜に決戦が巻き起こる最終巻。―――聖夜に轟け、変革の爆発音。クリスマス、リア充と非リア充の明暗がくっきり分かれる一夜を舞台に最後の決戦を繰り広げる今巻。それぞれの想いが交錯し激突する先、遥真が最後の明後日の方向への爆走を繰り広げ、仲間と共に駆け抜ける。この戦いの真の勝者は誰になるのか、もしかすると全員敗者で弱者なのかもしれない、だがこれからは誰もが平等。収まるべき形に収まった世界で、彼等に待っているのはどこまでも騒がしい、明るい日々の筈。 では最後に、遥真よ、爆発しろ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かっぱ

    クリスマスを舞台にリア充、非リアが入り混じって展開されるシリーズ最終巻。このバカバカしいお話が好きだったから終わってしまうことに悲しさを覚える。「恋愛適正」という言葉をうまく逆手に取った解釈やリア充と非リアが分け隔てなく関わり合いを持つ展開がとても心地良い。誰かを好きになる気持ちに、誰かを想う心に、リア充かどうかなんて関係ない。シリーズの幕引きにぴったりの大団円なラストにたしかな満足を感じた。これだけは言わせてほしい。遥真、爆発してくれっ!! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    リア充爆発しろ! 舞台はクリスマス。リア充が最もお盛んになる性夜もとい聖夜にリア充と非リア、いがみ合う両勢力の戦いについに終止符が打たれる。ハーレムメンバー追加はやや物語を圧迫した気がしたけど、最後まで楽しめた。個人的には姫奈に頑張ってもらいたいと思っていたけど、落ち着くところに落ち着いたかなという感じ。どんな世界になってもリア充憎し、これは真理。リア充爆発しろ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シルバー

    結構好きだったが故に終わってしまって悲しい。 ヒロイン可愛かったし、、、 でも、終わり方としては綺麗だったかなって感じ。 とりあえずリア充爆発しろ! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK